Xperia XZ3とXZ2のスペック比較。価格と月額料金(ドコモ、au、ソフトバンク)

2018年冬モデルの中でも注目が集まっているであろうソニーの「Xperia XZ3」は、ドコモ、au、ソフトバンクの3社からの発売が決定しています。発売日は3キャリアとも2018年11月9日となっています。

このページでは、Xperia XZ3とXperia XZ2のスペック比較、ドコモ、au、ソフトバンクで発売する機種代金と契約した場合の月額料金について解説していきます。

Xperia XZ3とXperia XZ2のスペックを比較

2018年5月に発売したXperia XZ2の後継機種にあたるのが、今回発売するXperia XZ3です。

スペックの違いを見ていきましょう。

Xperia XZ3 Xperia XZ2
メーカー ソニーモバイルコミュニケーションズ
OS Android9 Android8
CPU Snapdragon845 2.8GHz×4+1.8GHz×4(オクタコア)
RAM 4GB
ROM 64GB
バッテリー容量 3200mAh(内蔵) 3060mAh(内蔵)
ディスプレイサイズ 約6.0インチQuad HD+(2880×1440) 約5.7インチFull HD+(2160×1080)
本体サイズ 縦158
幅73
厚さ9.9
縦153
幅72
厚さ11.1
重量 193g 198g
カメラ アウト:1920万画素
イン:1320万画素
アウト:1920万画素
イン:500万画素
主な機能 防水、防塵、おサイフケータイ、ワンセグ機能

現行の最新OS Android9.0を搭載。OSについては、XZ2も9.0へのアップデート予定機種になっているので同じ9.0で利用は可能。

ディスプレイサイズが0.3インチ拡大した分、縦横は大きくなっているものの厚さは1mmほど薄く仕上げられています。ボディはXZ2と同じく丸みを帯びたデザイン。

XZ2よりもさらに大きくなったXZ3は、厚みが少し薄くはなっているが、やはり手の小さい方は片手での操作がやりづらいように思います。そこで便利なのがXZ3の新機能「サイドセンス」が片手での操作をサポートします。側面をダブルタップすることでサイドセンスが起動し、よく使うアプリが片手で持って指が届く範囲に一覧表示します。これで簡単によく使うアプリを片手で素早く起動させることが可能です。

大注目のXperiaシリーズ初となる有機ELディスプレイを搭載。これによりXZ2以上のきれいな画質を実現。iPhoneシリーズでもXS、XS Maxでも有機ELディスプレイが採用されています。

XZ2と比べて気になるのは電池持ちです。バッテリー容量が大きくなっていることや有機ELディスプレイを搭載したことで充電も長持ちするように見えますが、電池持ちは短くなっています。XZ2は約125時間に対し、XZ3は約100時間となっています(ドコモ版の電池持ち時間、au版も同く短くなっています)。消耗する原因としては大画面化や解像度の問題でしょうか。

カメラについても進化しており、インカメラは1320万画素に強化されています。

Xperia XZ3の本体価格

ドコモ au ソフトバンク
本体価格 一括:98496円(※1)
分割:4104円×24ヶ月
一括:99360円
分割:4140円×24ヶ月
一括:119040円
分割:4960円×24ヶ月
割引 ▲1728円×24ヶ月(新規・機変)
▲2430円×24ヶ月(MNP)
▲1746円×24ヶ月(※2)
実質負担金 新規・機変:2376円×24回(57024円)
MNP:1674円×24回(40176円)
2394円×24ヶ月(57456円)

※各社公式サイトにて確認。2018年10月26日時点の金額です。

※1:ドコモオンラインショップで購入した場合は、オンラインショップ限定特典により▲5184円の割引が可能。新規、MNPのみ対象。

※2:ピタットプラン、フラットプランを加入時は毎月割は適用されません。

もちろん、本体価格が安いからと言って、毎月の携帯料金が安くなるわけではありません。自分の条件に適した料金プランやオプションの選択、割引の利用をしてください。

Xperia XZ3の月額料金の例

各社で契約した場合の月額料金を紹介していきます。

料金プランはライトユーザー向けの安いプランの組み合わせで出していますが、条件次第ではさらに安くできることもあります。逆に高くなってしまう可能性もあります。自分の通話量、データ通信量にあった契約をするようにしましょう。

あくまで、ここで紹介している料金プランや割引の組み合わせは一例であり、すべてが下記の金額になるとは限りません。1か月あたりの料金を抑えたいなら分割回数を変えたり、一括払いにすることもできます。

ソフトバンクで契約した場合

他社から乗り換え、新規、機種変更問わず同じ内容での契約が可能です。

通話基本プラン 1296円
ウェブ使用量 324円
ミニモンスター 2678円
1年おトク割(1年間) ▲1080円
おうち割光セット ▲1080円
機種分割 4960円×24回
合計 7098円

30秒20円の通話基本プランとデータ通信量に応じて料金が変動するミニモンスターの組み合わせで計算しています。ミニモンスターのデータ使用量は、1GBまでの使用で収まった場合の料金です。1GBを超えると料金が上がります。

ガラケーから初めてスマホにする方を対象とした「ガラケースマホ割」を適用すれば、▲2138円×12ヶ月の割引を適用することができます。(割引後4960円/月)

ドコモで契約した場合(Xperia XZ3 SO-01L)

30秒20円の通話料。データ容量1GBまで利用した場合の料金で計算しています。

シンプルプラン 1058円
spモード 324円
ベーシックパック 3132円
ドコモ光セット割 ▲108円
本体分割 4104円×24回
月々サポート ▲1728円×24回
合計 6782円

上記は、機種変更で契約した場合の料金です。家族でデータシェアして利用する場合はさらに安い料金で契約可能です。

他社から乗り換えの場合は、月々サポートが▲2430円×24回になり、500円ほど安い料金で利用できます。

他社から乗り換えか新規で契約する場合は、ドコモオンラインショップで契約すると本体価格から▲5184円の割引を適用することができます(オンラインショップ限定特典)。

ドコモオンラインショップなら契約事務手数料もかかりません。

auで契約した場合(Xperia XZ3 SOV39)

他社から乗り換え、新規、機種変更問わず同じ内容での契約が可能です。5分以内の国内通話が無料になるスーパーカケホとデータ通信量は使用量に応じて料金が変動するピタットプランで出しています。1GBまで使用した場合の料金です。1GBを超えると高くなります。

auピタットプラン(スーパーカケホ) 3758円
スマホ応援割 ▲1080円×12回
auスマートバリュー ▲540円
機種分割 4140円×24ヶ月
合計 6278円

2018年11月8日までに予約して購入するとau WALLETプリペイドカードに5000円をチャージする予約キャンペーンを実施中です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。