U-NEXTの有料作品の購入はポイントかUコインどちらで支払うべきか

U-NEXTの有料作品の購入・レンタルに使用できる仮想通貨は「U-NEXTポイント」と「Uコイン」の2種類あります。有料作品を購入するには、どちらを使用した方がいいのか解説します。結論を話しておくと、UコインよりもU-NEXTポイントを利用することをおすすめします。

有料作品を購入するにあたっての価値

U-NEXTポイント1円分は1ポイント、Uコイン1円分は1コインに相当します。例えば、324円の作品を購入する場合は、ポイントなら324ポイント、Uコインなら324コインを支払います。つまり、有料作品の購入時の価値は1円=1ポイント=1コインとなります。

ポイント&Uコインをチャージするときの金額ので見ると違いがあります。

■U-NEXTポイントをチャージ
・1000ポイント=1000円
・1500ポイント=1500円
・2000ポイント=2000円
・3000ポイント=3000円
・5000ポイント=5000円
1ポイントあたり1円で購入できる計算。

■Uコインをチャージ
・500コイン=600円
・1000コイン=1200円
・2000コイン=2400円
・3000コイン=3600円
・5000コイン=6000円
1コインあたり1.2円で購入できる計算。

以上のように、U-NEXTポイントをチャージして有料作品の購入をした方がお得になります。

使用する上での違い

金額で見ると「U-NEXTポイント」を使用する方がお得ということはわかりましたが、使用できる範囲にも違いがあります。

Uコインには、iOS版UNEXTアプリ内のみで使用できる仮想通貨になっており、Android版アプリやブラウザ版での利用ができません。また、iOS版ではその他(大人向け)コンテンツが表示しなくなっているので、大人向けコンテンツでも使用することができなくなっています。

一方、U-NEXTポイントは特別な制限なく使用することができます。電子書籍ストアBookPlaceのコミックや本の購入にも利用できます。

ひとつ注意したいのがiOS版アプリでのポイント利用です。iOS版アプリではポイントの表示できない仕様になっています。U-NEXTポイントを保有している状態で有料作品のページを開くと、「0コインでレンタル」と出るのでポイントを使うものなのか使わないものかわかりづらくなっています。基本的には0コインでレンタルとなるのは、U-NEXTポイントを使用するということになります。iOS版アプリからU-NEXTポイントを使って購入した場合も利用明細(メール)が送られてくるので、ポイントで支払いができていることが確認できます。

ポイントとコインのチャージ方法

■U-NEXTポイント
公式サイトにログインして左上の【メニュー】⇒【アカウント】⇒【ポイントチャージ】より、購入ポイントを選択して、UNEXTアカウントに登録した支払い方法で決済を行います。

■Uコイン
iOS版U-NEXTアプリからチャージすることができます。アプリを起動させて、左上の【メニュー(三)】⇒【設定・サポート】⇒【Uコインチャージ】より、コイン数を選んで購入できます。支払いはApple IDに登録している決済方法になります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。