「U-mobile S」提供開始、ソフトバンク版iPhone、iPadを格安SIMで使ってみよう!

U-NEXTが販売する格安SIM「U-mobile」に新しくソフトバンク回線を使用した「U-mobile S」の提供を3月22日より開始しました。U-mobile公式サイトなどのオンラインでの販売および、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、コジマ、ソフマップなどの量販店で販売されます。

同日、b-mobileでもソフトバンク回線のSIMの提供がスタートしています⇒b-mobile S 開幕SIM

U-mobile Sは、ソフトバンク回線を使用した格安SIMなので、ソフトバンクのiPhoneにU-mobile SのSIMカードを挿入してそのまま使用することができます。

U-mobile Sの料金プランについて

U-mobile Sは、ソフトバンクの通信エリアをカバーしたプランで、データ容量が、1GB 880円、3GB 1580円、7GB 2980円、30GB 4980円の4種類より選択することができます。現時点では、U-mobile Sは、データ通信専用(SMSなし)のSIMカードのみの提供となり、音声通話(090、080番)対応のSIMカードは提供されていません。なお、最低利用期間はないので、解除料なしでいつでも解約できます。

契約には初期費用として、事務手数料3000円とSIM発行手数料384円の合計3384円が発生します。

U-mobile S対応の端末

iPhone用 nano SIM
iPhone 5 以降

iPad用 nano SIM
iPad Pro、iPad Air以降、iPad mini以降

iPad用 micro SIM
iPad 第3、4世代、iPad 2 、iPad

「U-mobile S」リリース記念キャンペーン

U-mobile Sを契約した方の中から抽選で10名様にiTunesカードを10名様にプレゼントするキャンペーンを開催します。3月22日から4月30日までの期間中に本サービスを申し込みした方で6月1日時点で継続して利用している方が対象となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。