ソフトバンク新料金プラン「ミニモンスター」「ウルトラギガモンスター+」を解説

ソフトバンクは、新料金プラン「ウルトラギガモンスター+(プラス)」「ミニモンスター」の提供を開始することを発表しました。

申し込み開始は、MNP、新規、機種変更と一緒に申し込みする場合は2018年9月6日から。料金プランのみの変更は2018年11月1日からとなっています。

このページでは、「ウルトラギガモンスター+(プラス)」「ミニモンスター」の詳細、同時に発表された新キャンペーンも含めご紹介していきます。

ミニモンスターとは

1か月間に使用したデータ通信量に応じて、料金が変動する4段階制の料金プラン。月月割は対象外。データ通信量の少ない方におすすめ。

月間のデータ使用量が1GBまでならその月は2480円、2GBまでなら4480円、5GBまでで5980円、50GBまでが6980円となります。

例えば、この1か月間は3GB使ったという場合は5980円が発生、ある時は1.9GB通信した場合は3980円、別の1か月間は0.8GBだった場合には2480円。という風に実際に使ったデータ通信量に応じた料金が発生します。

よく使う月、使わなかった月で料金が自動適用されるのでデータ容量を追加購入したり、50GBまでなら速度制限で困るといったことはありません。

ただ見ての通り、1GBを超えると一気に2000円アップ、2GBを超えると1500円アップと大幅に料金が高くなるので、1GBまで多くても2GBまでで済む月が多い方が選んだ方が良いです。それ以上の2GBを超えると5980円とウルトラギガモンスター+(データ容量50GB+動画SNS放題のプラン)の料金と同額になってしまいます。割引条件によっては、ミニモンスターにするなら1GB以下で抑えないとウルトラギガモンスター+よりも高くついてしまう可能性があります。

料金内訳

一例ですが、実際に契約した場合の料金の内訳は次のようになります。

~1GB ~2GB ~5GB ~50GB
通話基本プラン(2年契約) 1500円
ミニモンスター 2480円 4480円 5980円 6980円
1年おトク割 ▲1000円
おうち割光セット ▲1000円
合計 1980円 3980円 5480円 6480円

通話基本プランや1年おトク割、おうち割光セットについての詳細は、ウルトラギガモンスター+の料金内訳の後に説明しています。

「ガラケ→スマホ割」で1年間0円~

ガラケ→スマホ割は、ケータイからスマホに変えて「ミニモンスター」に加入すると、1年間毎月1980円割引されるキャンペーンです。データ容量1GBまでの利用なら0円から利用することが可能。

他社ケータイからの乗り換え、ソフトバンクケータイからの機種変更が対象です。

キャンペーンは、2018年9月6日のミニモンスターの申し込み日から開始し、終了日は記載されていません。

ウルトラギガモンスター+とは

ウルトラギガモンスター+は、データ容量50GBに加え、動画配信サービス(YouTube、AbemaTV、Tver、hulu、GYAO!)、SNS(LINE、Instagram、Facebook)を使い放題で利用できるプランです。

つまり、対象の動画配信サービスとSNSを使っても50GBのデータ容量は消費されない、データ容量50GBは他のサービスを利用したときに消費する形になります。なお、データ容量の繰り越しはできません。

ウルトラギガモンスター+のみの基本料金は5980円。月月割は対象外です。

ギガ使い放題キャンペーン

2019年4月7日までに「ウルトラギガモンスター+」に加入した方を対象に適用できるキャンペーン。ウルトラギガモンスター+の対象のサービス以外の利用も含め、国内で使うすべてのサービスのデータ通信が使い放題。データ容量使い放題です。期間は4月中まで(契約者の請求締め日によって変わります)。

コメントにも多かったテザリングですが、こちらもデータ通信量ノーカウントで利用できます。

料金内訳

一例ですが、ウルトラギガモンスター+で契約し、新しく登場した割引やキャンペーンを適用すると、月額3480円で利用することが可能です。

通話基本プラン(2年契約) 1500円
ウルトラギガモンスター+ 5980円
1年おトク割 ▲1000円(1年間)
おうち割光セット ▲1000円
みんな家族割+(家族4人以上の場合) ▲2000円
合計 1年目:3480円
2年目~:4480円

ひとつずつプランの内容をご説明していきます。

通話基本プラン

ウルトラギガモンスター+、ミニモンスターで契約できる通話プランは、上記の内訳にもある「通話基本プラン」。基本料金は1500円。30秒につき20円発生する従課金制のプランです。同一家族グループ間の通話は無料で利用できます。

通話をたくさんする方向けに、2種類のオプションサービスが用意されています。通話時間、頻度に応じてオプションを付ける事で通話が多い方も料金を抑えることができます。

オプション名 内容 料金
準定額オプション 5分以内の国内通話が無料。5分を超えると30秒20円。 +500円
定額オプション 24時間国内通話が無料 +1500円

1年おトク割

機種の購入と同時に「ウルトラギガモンスター+」に申し込みすれば適用されるので、特別な条件なく1年間1000円/月割引を受けることができます。

おうち割光セット

こちらは、従来からあるソフトバンク光やSoftBank Airなどの対象のインターネット契約をしているとスマホから割引がされるものです。

ソフトバンクスマホを利用している方なら自宅のインターネットもソフトバンクに揃えると毎月の料金がお得になります。

家族のスマホも1台1台割引されるので、ソフトバンクを利用する人が多い家族、ソフトバンクを長く利用する方は特におすすめです。例えば、家族4人のスマホを「ウルトラギガモンスター+」を申し込み、ソフトバンク光を適用すると、毎月4000円(▲1000円×4人)も割引され、2年利用すれば96000円(4000円×24か月)もお得になる計算になります。3年目以降も割引は継続するので長く使えばもっとオトク!

みんな家族割+

従来のみんな家族割が「みんな家族割+(プラス)」となって登場しました。

「ウルトラギガモンスター+」、「ミニモンスター」を契約している同一家族グループの人数に応じてそれぞれ割引が適用されます。

※上記の料金内訳では家族4人以上の割引額2000円を適用して計算しています。

人数 1人あたりの割引額
家族4人以上 ▲2000円
家族3人 ▲1500円
家族2人 ▲500円

割引が効くのは「ウルトラギガモンスター+」の契約が対象で、「ミニモンスター」の契約に対して割引は適用されず人数のカウントのみになります。

例えば、ウルトラギガモンスター+の契約が自分と妹の2人、ミニモンスターの契約が父と母の2人の4人家族の場合だと、自分と妹の契約に対して2000円ずつ(合計4000円)の割引、父と母は割引はなし。ということになります。

受付が終了するプラン

従来からあるたくさんのプランの受付が終了となります。なので、基本的には今後は、「ウルトラギガモンスター+(プラス)」か「ミニモンスター」のどちらかのプランを選択することになります。

従来のプランはスマ放題、スマ放題ライト、データ定額ミニ 1GB、2GB、データ定額5GB、ギガモンスター、ウルトラギガモンスター、おてがるプランの受け付けは終了します。新規受付は2018年9月5日で終了。

機種変更時のおてがるプランの受付は2018年10月31日終了、ホワイトプランからスマ放題、スマ放題ライトへのプラン変更は2018年10月31日で終了。

また、端末購入補助の月月割の提供も2019年1月31日で終了します。

参考:ウルトラギガモンスター+(プラス)|ソフトバンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

スマホサポートラインの管理人をしています。携帯電話業界の経験から各社料金プラン、サービス、AndroidやiPhoneの使い方、トラブル処理などスマホに関するさまざまな知識を得ました。モバイルに関する仕事は10年ほどしていますので幅広い内容に対応できます。