ソフトバンク、大容量のデータ共有プラン『家族データシェア50GB、100GB』を発表

ソフトバンクは、家族で複数回線を契約した場合にデータ容量を共有できる家族向けデータシェア定額サービスとして、新しく『家族データシェア50GB』と『家族データシェア100GB』を2016年9月29日より提供することを発表しました。同様に法人向けのも50GBと100GBのコースを提供します。個人向けに対しては、9月13日より、新データ定額プランとしてギガモンスターの提供を開始しました。

新プランの導入に伴い、家族データシェア20GBと30GB、法人データシェア専用パック20GBと30GBの新規受付も終了します。

今後、家族間でのデータシェアプランとして、契約できるのは、以下の4種類。家族データシェアプランは、最大10回線でのデータ共有が可能です。
・家族データシェア100GB 25000円
・家族データシェア50GB 16000円
・家族データシェア15GB 12500円
・家族データシェア10GB 9500円

月額料金について
【親回線】
通話定額基本料 2700円 or 通話定額基本料 1700円
ウェブ使用料 300円
家族データシェア10/15/50/100GBのいずれか
以上の合計金額が親回線の基本料金

【子回線】
通話定額基本料 2700円 or 通話定額基本料 1700円
ウェブ使用料 300円
データシェア月額使用料 500円
以上の合計が子回線の基本料金。この基本料金×子回線数が必要となる。

余ったデータ容量は全てくりこし可能。テザリングオプション料は1000円となりますが、2017年4月末まで無料となるキャンペーンを実施しています。

ドコモが家族向けに開始した大容量データ定額のウルトラシェアパック50、100GBに合わせる形となっています。

Softbank ニュースリリース「家族データシェア」向けに 50GB、100GBの新しいデータ定額サービスを提供

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。