Sarahahの基本操作(受信と送信、履歴の見方など)と相手を特定できるのか

Sarahahを使って匿名メッセージを受信・送信する方法などの基本操作と送信者を特定できるを解説します。

※Sarahahアプリバージョン動作確認:iOS版Ver.2.0.4、Android版Ver.1.0.08

送信者の特定はできるのか

Sarahahのサービスを利用したユーザー間のメッセージのやり取りは、全て匿名で送信・受信できるようになっており、Sarahahのブラウザ版・アプリ版どちらを使っても差出人の情報(アカウント名やIPアドレスなど)は何も表示しないシステムになっています。

Sarahahは、匿名で送受信できるメッセージサービスです。メッセージ本文に自分の情報を書くなどしない限り(※1)、誰がどこから送ったのかなどの情報をサービス上では調べることはできません。

※1:自分の情報を本文に載せたところで、受け取った側は本当に送信者本人の情報なのか判断するのは難しいです。第三者によるものである可能性もあるため。

メッセージを送信する

Sarahah上で送信するメッセージは、差出人の名前はわからない仕組みになっています。

相手のSarahahのメッセージ送信フォームのページ(URL)がわかっていれば、Sarahahアカウントを登録・未登録であることは関わらず、どちらでも送信することができます(ブロックされている場合を除く)。

Sarahahのリンク(URL)から送信する

インスタやツイッターなどに設置されているリンク(URL)から送信ページにアクセスしてメッセージを入力して送信できます。


※インスタグラムのプロフィールに設置されているSarahahのURL

URLを開くとSarahahの送信フォームが出るので、メッセージを入力して【Send】をタップして送信できます。

Sarahahアプリ:ユーザーを検索して送信する

アプリを起動させて、画面下のメニュータブ【虫メガネ】をタップして「名前」または「ユーザー名(※2)」を入力して検索します。ユーザーが表示したら、送信したい相手の欄にある【羽のマーク(※3)】をタップして送信フォームが表示します。あとは、メッセージを入力して送信すれば完了です。

※2:ユーザー名で検索する場合は、@から入力する(例:@abc)
※3:Androidはユーザー名をタップすれば、送信フォームが表示します

送信できない場合

・通信状態が悪い
・サーバーで障害が起きている
・ブロックされている

などが考えられます。

Sarahah「ブロック機能」の設定や解除。受信拒否できる範囲・仕組み

送信履歴を確認する

送信履歴は、次に要領で表示できます。(※送信履歴を見るには、Sarahahアカウントの取得が必要です。ログインしていない時に送信した履歴は残りません)

<iPhone版Sarahahアプリ>
アプリを起動して【紙飛行機のマーク】をタップします。

<Android版Sarahahアプリ>
アプリを起動して【吹き出しのマーク】⇒【SENT】をタップします。

メッセージ受信するには

Sarahahでメッセージを受け取るには、アカウントの作成が必要です。アカウントを作ったら、インスタやツイッターなどのプロフィールに設置して受け取るのが流行っている方法です。

詳しくはこちらの記事で
SarahahのURLの使い方。ツイッターやインスタのプロフィールに設置する方法

受信履歴の確認

アプリ内の左下の【手紙のアイコン(※4)】をタップして受信履歴をチェックできます。

※4:Androidは【吹き出しマーク】⇒【RECEIVED】

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。