【ポケモンGO】シルフロードの個体値ツールの使い方を解説!!ポケモンのレベルもわかる!!

ポケモンGOで強いポケモンを育てる為に、知っておきたい裏ステータスの個体値を調べることができるアメリカのポケモンGO攻略サイトSILPHROAD(シルフロード)の個体値計算ツールの使い方を解説します。英語表示のため、わかりづらいかと思いますので、1から画像つきで操作手順をご紹介します。

個体値とは?
ポケモンGOゲーム内では、CPやわざを判断して強さを見ますが、ゲーム内で表示されない個体値という裏のステータスがあります。個体値は、攻撃、防御、体力(スタミナ)の3つがあり、0~15の数値がポケモンごとに設定されています。個体値は、同種のポケモンであってもそれぞれ数値が異なり、個体値が高いポケモンと低いポケモンでは、約10%のステータスの違いが出てきます。

例えば、同レベルのカイリューが2匹いたとすると、個体値が高い方がCPも高く、個体値が低い方がCPも低くなります。

シルフロードの個体値計算は、『EASY MODE(簡易モード)』と『ADVANCED MODE(詳細モード)』がありますが、現在(7月27日時点)使用できるのは、EASY MODEになります。ADVANCED MODEは、coming soon(近日公開)となっています。ADVANCED MODEが公開されたら、使い方をその時に解説します。このページではEASY MODEになります。

それでは、個体値を実際に出していきます。個体値を出したいポケモンを決めて、下記手順で①から進めて下さい。

①シルフロード公式サイトへアクセスします
>>>https://thesilphroad.com/research

②画面を少し下にスクロールし、『IV RATER』をタップします。

シルフロードIV RATER

③フシギダネのところをタップすると、ポケモンが一覧表示されます。個体値を出したいポケモンを選んでください。

個体値を出したいポケモンを選択します

④トレーナーレベルを合わせます。緑枠内の白い丸をタップして、左右にスライドさせることで調整できます。

トレーナーレベルを調整

⑤次にCPを調整します。調べたいポケモンのCPが調整したCPに入るようにします。

画像のブーバーはCP266なので、画像のように258-305の中に266が入っているのでOKです。

CPを調整

⑥CPを調整すると、強化に必要な『ほしのすな』と『アメ』が出てくるので、数があっているか確認してください。ほしのすなとアメが合っていたら、レベルを確認します。このレベルがポケモンの現在のレベルになります。

ほしのすな、アメ、ポケモンのレベル

⑦CPとHPを入力して、『RATE MY POKEMON!』をタップします。

CP、HP

⑧個体値の結果がでました。個体値は緑枠の中です。
ブーバー個体値結果
個体値は、攻撃、防御、体力(スタミナ)がそれぞれ0~15になります。このサイト(シルフロードのEASY MODE)では、攻撃と防御が一緒に出てきます。

画像のブーバーの場合は、
ATTACK(攻撃)+DEFENSE(防御) IV:6/30
STAMINA(体力) IV:3/15
なので、個体値は良くありません。

攻撃+防御の個体値が30/30、体力の個体値が15/15なら個体値マックスです。数字が大きいほど優秀という事になります。

他にも、個体値を計算できるPoke Assistant(ポケアシスタント)というサイトがありますが、こちらのサイトであれば、攻撃、防御、体力の個体値がそれぞれ別々に表示されます。良ければお試しください。
ポケアシスタント解説ページ>>>【ポケモンGO】本当に強いポケモンを見極めよう!!個体値計算サイトの使用方法解説

わざの強さについて
【ポケモンGO】強いわざの判別方法、わざのDPSについて解説
ポケモンGOのDPSわざランキング

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。