筋肉加工できる無料アプリ3選と使い方!写真編集で大胸筋、腹筋、上腕二頭筋をバキバキに【Android&iPhone】

引き締まった理想的なボディを手に入れたいと思ったことはありませんか?

特に男性は、筋肉質でたくましい体に憧れている人も少なくないのではないでしょうか。

トレーニングを積み重ね、理想のボディを作り上げるのは大変ですが、筋肉加工アプリを使えば、バキバキ、ボコボコの腹筋、ムキムキの大胸筋、上腕二頭筋の姿に一瞬で変身できます。

この記事では、筋肉加工アプリのおすすめ3選と各アプリの使い方を解説します。ぜひ参考にしてみてください。

筋肉加工できるアプリについて

本記事では、無料で筋肉加工できるアプリを3つ紹介します。

アプリ名 無料で使える筋肉加工機能 対応OS
Peachy 筋肉の拡大縮小、腹筋・胸筋の追加 iOS
Body Editor 腹筋・上腕二頭筋・胸筋の追加 Android
Manly 腹筋・胸筋の追加(Androidのみ) Android・iOS

iPhoneで使える筋肉加工アプリでおすすめなのが、「Peachy」です。ムキムキの男性の腹筋や大胸筋のステッカーが多数用意されています。また、リシェイプ機能で好きな部分の筋肉拡大が可能です。顔編集機能や化粧、タトゥー、身長の編集など、便利な加工機能が盛り沢山。

Androidをお使いの方におすすめなのが、「Body Editor」です。上腕二頭筋、腹筋、大胸筋の筋肉を追加できます。各パターン、バリエーションが豊富でお好みの筋肉を探せると思います。この他にも、髪、身体など、多種多様な加工機能を搭載しているアプリです。

Manlyについては、いずれも無料ダウンロード可能ですが、筋肉加工機能を無料で使用できるのは、Android版のみになっています。(2021年11月15日時点)

ちなみに、PeachyやBody Editorを使用すれば、男性の身体を筋肉ムキムキのマッチョに加工できるだけでなく、女性の身体をスレンダーで美しいスタイルに変えることもできます。

筋肉加工アプリの使い方

それでは改めて、筋肉を加工できる3つのおすすめアプリの特徴と使い方を詳しくご紹介します。

筋肉を追加・加工するという基本的な機能は同じですが、少しずつ効果や使用感に差があるので、自分の用途に合ったものを選んでみてください。

Peachy(iPhone)

Peachy
「Peachy – 写真編集 & 顔 加工」アプリ
© InShot

Peachyは、iPhone対応の写真加工アプリです。

もともとある筋肉を編集で目立たせる機能に加えて、好きな腹筋や胸筋のデザインを選んで新たに追加することもできます。

腹筋や大胸筋は、ステッカー機能を使用して肉体を加工できます。無料版で選べる腹筋の種類は13種類、胸筋は8種類と豊富なデザインが用意されています。

そして、筋肉を膨らませたい場合は、リシェイプ機能を使います。上腕二頭筋などの好きな筋肉を大きく見せることが可能です。

操作はシンプルでわかりやすく、初心者にもおすすめ。ボディだけでなくシミ・シワの除去や歯を白くする加工など、顔のレタッチ編集にも対応しています。

※動作確認環境:Peachyアプリバージョン1.23.0

<Peachy:筋肉を膨張。上腕二頭筋など>

  1. Peachyアプリを開きます。
  2. 【ギャラリー】をタップして、加工したい画像を選択します。
  3. 【リシェイプ】⇒【膨らみ】をタップします。
  4. 筋肉を膨らませたい場所に円を合わせて大きさを調整します。
  5. スライダーを左右に移動させて加工の強度を調節します。
  6. 右下の【✓】をタップします。
    筋肉を膨らます
  7. 編集後、右上の【↓】をタップして保存します。

<Peachy:腹筋や大胸筋の加工方法>

  1. Peachyアプリを開きます。
  2. 【ギャラリー】ボタンをタップして、加工したい画像を選択します。
  3. 【ステッカー】⇒【男性の腹筋】or【男性の胸】を選択します。
  4. 加工したい筋肉のデザインを選択して、大きさ・場所・肌の色を調節します。
  5. 右下の【✓】⇒【✓】の順にタップします。
    筋肉ステッカー
  6. 右上の【↓】ボタンをタップして保存できます。

無料版でも筋肉加工はできますが、全機能を使用したい場合は有料版に加入しましょう。有料版は、広告もなくなるので快適に使用できます。

<主な有料機能>

  • 顔編集テンプレートの保存できる
  • 有料素材使える
  • 広告なし
  • 輪郭調整ツール
  • ムービーフィルター
  • くまを取り除く
  • 口紅をキレイに塗る
  • 背景をぼかす
  • 髪を濃くする

<Peachyの有料プラン>

  • Peachy Pro(月額):350円
  • Peachy Pro(年額):780円(7日間の無料トライアルあり)
  • Peachy Pro(買い切り):1,840円

※2021年11月15日時点

年額プランは、7日間の無料トライアル期間が用意されています。課金するかどうか迷う場合は、一度お試しで利用してみるのがおすすめです。必要ないと思った場合は、無料期間中に解約しましょう。

Body Editor(Android)

Body Editor
「Body Editor – ボディシェイプエディタ」アプリ
InShot Inc.

Body EditorはAndroidで使える写真加工アプリです。機能は体型編集に特化しており、難しい操作なしでサクっと理想の体型を作れます。

腹筋や胸筋だけでなく、上腕二頭筋の追加もできます。無料版では、上腕二頭筋、三角筋、腹筋、大胸筋などの多くのステッカーを使用できます。

ステッカーやテキストの追加、コラージュ作成など通常の画像編集アプリと同様の機能が利用できるところもポイントです。

ウォーターマークと広告動画を消したい場合は、430円を支払うことで削除可能です。(2021年11月15日時点)

<Body Editorで筋肉加工する手順>

  1. Body Editorアプリを開きます。
  2. 筋肉ステッカーを追加する:【材料】⇒【筋肉】⇒好きな筋肉ステッカーを選択⇒【無料でアンロック】⇒【アンロック】⇒広告動画を視聴して【×】をタップします。(※【用いる】になっているステッカーは使えます)
    Body Editorのステッカーをアンロック
  3. ホーム画面の【エディット】⇒筋肉加工したい画像を選択します。
  4. 【ドレスアップ】⇒追加したい筋肉を選択します。
  5. 筋肉に位置や角度などを調節します。【鉛筆のアイコン】をタップして、飽和、色相、明度を調節できます。
  6. 編集できたら、右上の【適用】をタップします。
    Body Editorの筋肉ステッカー
  7. 右上の【セーブ】をタップして保存できます。

※動作確認環境:Body Editorアプリバージョン1.194.38

Manly

Manly
「Manly」アプリ
© Alpha Mobile Limited

Manlyは、iOSとAndroidで使える写真加工アプリです。

筋肉の加工はもちろん、肌の色、口角、目の大きさ、歯の白さ、髭、身長などのさまざまな加工機能が搭載されています。

アプリのダウンロードは無料ですが、完全無料で使える機能は制限されており、「腹筋」「胸筋」の加工機能についてはAndroid版のみ一部が無料で使用できます。

全機能を利用したい場合は、有料プランへの加入が必要となります。

<Manly:腹筋と胸筋の加工>

  1. Manlyアプリを開きます。
  2. 【強める 本文】をタップして、加工したい写真を選択します。
  3. 【腹筋】または【胸筋】をタップします。
  4. 筋肉を加工する位置・サイズ・形状を調整して【✓】をタップします。
  5. 加工強度を調節して【✓】をタップします。
    Manlyで筋肉加工
  6. 右上の【↓】をタップして保存できます。

※動作確認環境:Manlyアプリバージョン1.1.0(Android版)

有料版では、下記の機能に対応します。

  • 毎週新しいスタンプが使える
  • 1200種類以上のフィルターが利用可能
  • ウォーターマーク(ロゴ)が消える
  • 広告が消える

料金は、下記の通りです。

OS Android版 iOS版
1年間 2,900円(3日間の無料トライアル) 2900円(初年度)
1週間 250円
1ヶ月間 500円
永久VIP 8,500円

※2021年11月15日時点

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。