ニャントークの精度は高い、低い?猫語の日本語翻訳が間違えている場合の修正方法

「ニャンコと会話できる!」「今年最高のアプリに出会った!」と大好評の猫語翻訳アプリ「ニャントーク」

ネコの発声を検知し、人間の言葉に言語化(翻訳)することができるアプリです。

この流行りの猫語翻訳アプリですが、本当に猫の言葉が正解しているのか?精度はどのくらい良いのか、と気になる方も多いです。

この記事では、ニャントークの翻訳精度について調べた内容をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ニャントークは何ができる?

ニャントークは、猫語を翻訳できるアプリです。

スマホで猫の声を拾うと、アプリが自動的に人間の言葉に翻訳します。例えば、「ご飯ちょうだい!」や「外に出して!」など、猫の気持ちや何を言いたいか理解するのに役立ちます。

翻訳した音声は、履歴として残しておき、後から聞きなおしたり、翻訳内容を修正したりできます。

本アプリの利用は無料(有料版あり)で使えますが、アプリを利用するにあたって、アカウントの登録や初期設定が必要になります。ニャントークの使い方について、詳しくは下記の記事で詳しく紹介しています。

詳細記事:猫語翻訳アプリ「にゃんトーク」の使い方!無料版と有料版の違い、にゃんルームモードについて

ニャントークの精度は高い?低い?

ニャントークの精度について発信している投稿を確認したところ、精度が高いとの声もあれば、いまいち、合っているかすらわからないなど意見は分かれています。

私が確認した範囲では、愛猫家が使用していることが多いせいか、精度が高い、良いかもと言った投稿が多く、好評のようです。精度はわからないが、幸せがそこにあるとのレビューもありました。

アプリの評判を見ても、App Storeでは4.6、Google Playでは4.3といずれも高評価を得ています(2021年10月11日時点)。利用者の大半は満足している結果になっていると言えそうです。

ただ、正直なところ、本当に猫語の翻訳が合っているかというと、正解か不正解かは飼い主本人に委ねる、というところです。すべては飼い主次第です。

ニャントーク公式サイトのよくある質問の回答には、「完璧な理解を目標に頑張っている途中」と記載されています。

今後のさらなるサービス・精度の向上を楽しみに待ちましょう。

ニャントークの翻訳が間違っている場合

もしもニャントークの翻訳が間違えているという場合があれば、翻訳の修正を行うことができます。

翻訳結果の画面で、今翻訳した結果が正しいか、編集が必要か選択が表示するので、間違えているようなら、編集して直しておきましょう。

<翻訳を修正する>

  1. ニャントークアプリを開きます。
  2. 【翻訳】⇒【翻訳ボタン】をタップ、または長押しします。
  3. 間違えている場合は【翻訳結果を編集する】をタップして正しい言葉を選びます。
翻訳結果を修正する

過去の翻訳結果を修正したい場合は、記録されている鳴き声を修正できます。

<履歴から修正する>

  1. ニャントークアプリを開きます。
  2. 【記録】をタップします。
  3. 修正したい翻訳の右側にある【…】⇒【翻訳結果を編集する】をタップします。
  4. 正しい言葉を選択します。
記録の翻訳結果を修正

定型文に正しい翻訳がない場合

ニャントークでは、猫語の翻訳は数パターンの定型文から当てはめる形になっています。

翻訳される言葉には、下記のような定型文があります。

<翻訳の一例>

  • ご飯ちょうだい!
  • ねえねえ!
  • 外に出して!
  • 中に入れて!
  • 知らない
  • 攻撃するぞ
  • しあわせ!
  • ママ!
  • 休憩中

選択できる言葉の中に、正解がない場合があると思います。正解がない場合は、「その他」の項目を選んで、好きな言葉を入力することが可能です。

<好きな言葉を入力する手順>

  1. 前章で紹介した手順で【翻訳結果を編集する】をタップします。
  2. 一番下の【その他】⇒正しい翻訳を入力して【セーブ】をタップします。
好きな言葉に修正

※動作確認環境:にゃんトークアプリバージョン0.9.1、iPhone 13 Pro(iOS15.0.1)

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。