LINEアップデートしても直らない。8.5.0、8.5.1のバグ不具合解消するには。アプリを開けない、パスワード反応しないなど

iPhone版LINEアプリにおいて、2018年4月18日リリースのバージョン8.5.0にアップデートしてから、LINEが起動できない、画面が真っ暗になる、パスコードが反応しない・入力できないといった事象が起きています。このことからLINEが使えない、トークの返信ができないなどのツイートが急増しています。

4月19日には、修正バージョンの8.5.1の配信が行われていますが、修正版にアプデしても直らなかったり、アプデしたらバグ・不具合が出たというユーザーもいるようで、改善した方が多いようですが改善していないユーザーがまだまだ多くいることが確認できています。

現在できる対処法を紹介しますので、トラブルが解消されない方は参考にしてみてください。

現在のバージョンを確認してみましょう

今一度、LINEアプリバージョンを確認してみてください。

最新版にアップデートしたつもりができていなかったり、自動アップデートに設定していても出来ていないこともあります。

iPhoneのホーム画面から「設定」アプリを起動させます。設定画面が開いたら、【一般】をタップ。【iPhoneストレージ】を開きます。すると、iPhoneにインストールしているアプリ一覧が表示します。

LINEバージョン確認

その中にある【LINE】を選択します。アプリアイコンの横に、現在インストールしているアプリのバージョンが表示するので確認してください。

現在のバージョンに応じて、下記の対処を行ってください。

バージョン8.5.0の場合

現在、Ver.8.5.0の方は、最新バージョンにアップデートしてください。

8.5.0で発生している起動できない不具合に対して修正を行ったバージョン8.5.1が配信されています。

【App Store】を起動させて、【アップデート】をタップ。画面上から下にスワイプしてページ更新をします。すると、現在アップデート可能なアプリが表示するので【アップデート】をタップしてアップデートしてください。

アップデート

アップデート後、解消するか確認してください。直らない場合は、次項(バージョン8.5.1の場合)へ進んでください。

バージョン8.5.1の場合

今回のバージョン8.5.0へアップデートに伴い、発生した不具合は、最新バージョン(Ver.8.5.1)にアップデートすることで改善することが発表されています。

しかし、一部では、改善しない方もいるようで、2018年4月26日に起動しない不具合の再修正を行ったバージョン8.5.2がリリースしました。アップデートして正常に起動するか試してください。

バージョン8.5.2の場合

画面が真っ暗なままフリーズして動かなかったり、LINEアプリにロックをかけている方はパスワードが入力できない、指紋認証するとエラーになるといった事象も起きています。起動しない不具合も含め、下記の方法で解決する場合があるようです。

画面が真っ暗で動かない、パスワードを入力できないからと言って、すぐに画面を閉じてしまいがちですが、LINEを立ち上げたまま、しばらく放置してみてください(1分以上)。起動させたまま放置したら、直ったという方のツイートも数件見つけました。

通常、App Storeでアップデート後、LINEアプリを起動すると、App Storeでのアップデートとは別にアプリ内でアップデート中(読み込み中)の画面が表示することがあります。アプリ内で更新されている場合は、画面が真っ暗だったりすると確認できないので完了するまでしばらく起動させたままにしておかないと更新が完了しません。

最新バージョンにしている状態で以上の方法を試しても解消しないようであれば下記リンクより、基本的な対処方法を試していただき、解決しなければLINEに相談してみてください。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。