LINEたまごっち たまともへのプロポーズ成功率の高い指輪と親密度の組み合わせを調査

LINEで発見!!たまごっちでは、育てたたまごっちを結婚させることで卵を産んで、新しいたまごっちの育成を始めることができ次の代に繋ぐことができます。

この結婚をするためには、フレンドからプロポーズを受けて結婚するか、自分からプロポーズして結婚するかのどちらかです。人間界と同じで告白しても振られてしまうという悲しい結果も覚悟しておかなければなりません。

このページでは、自分のたまごっちからたまとも(コンピューター)にしたプロポーズの結果を紹介していきます。(LINE上の友だちのたまごっちへのプロポーズは相手の返答(操作)次第なので指輪の種類や親密度は関係ありません)

私の端末で行ったたまともへのプロポーズの成績です。成功率の高い組み合わせなどもわかると思いますので参考になれば幸いです。

成功のカギを握る「親密度」と「指輪の種類」の組み合わせ、世代、自分と相手のたまごっちのキャラ、結果をそれぞれ載せています。

たまともへのプロポーズの成功率と成績

私の経験上では、キャラ開放1回目が行われた後から難易度が上がったように思います。このこともあり、キャラ開放状態別に分けて実際にプロポーズしたたまごっち(自分と相手)と指輪、親密度、結果、返事(結果)について紹介していきます。(もしかしたら世代で難易度が違う可能性も)

※すべて私の所持している端末で私が行った一部の結果です。

■親密度について詳しくはこちら
LINEたまごっちの関係性、親密度を早く上げる方法。下がる原因は?

■キャラ開放についてはこちら
キャラ開放について|LINEたまごっち キャラ別の進化方法と育て方。成長チャート(反抗期・思春期・フレンド期)

初期

キャラ開放が行われていない初期の状態です。難易度をレベルにすると「レベル1」。

しりあい+ふつうの指輪の組み合わせ全て成功しています(20回くらい)。成功率はほぼ100%としていいと思いますが、失敗したとの情報も一部であり、ごくまれに振られることもあるようです。

自分 相手(たまとも) 親密度 指輪 結果
まめっち(1代目) らぶりっち しりあい 普通 成功
めめっち(2代目) くちぱっち しりあい 普通 成功
めめっち(1代目) まめっち しりあい 普通 成功
めめっち(3代目) まめっち しりあい 普通 成功
ラブリっち(1代目) まめっち しりあい 普通 成功
くちぱっち(2代目) ラブリっち しりあい 普通 成功
まめっち(3代目) めめっち しりあい 普通 成功

キャラ開放1回目済み

キャラ開放1回目が行われたの難易度は「レベル2」。レベル1と同じようにしりあいとふつうの指輪の組み合わせではほぼ失敗します。ダイヤの指輪を使うなら親密度はしんゆうに、ふつうの指輪ならねつあいにするのがおすすめ。ふつうの指輪は安いのでしんゆうやこいびとでチャレンジしてもいいかも。ただ、こいびとまでくるとすぐにねつあいになるのでねつあいにしてもいいと思います。

ねつあい+ふつうの指輪は、たまに失敗しますがほぼ100%の成功率です。20回ほどプロポーズした中で失敗したのは1回だけでした。しんゆう+ダイヤの指輪は今のところ100%の成功率です(試したのは5回ほど)

自分 相手(たまとも) 親密度 指輪 結果
ふらわっち(8代目) まめっち しんゆう ダイヤ 成功
みみっち(9代目) まめっち しんゆう ダイヤ 成功
らぶりっち(4代目) まめっち ねつあい 普通 成功
ござるっち(7代目) ふらわっち ねつあい 普通 失敗
ござるっち(4代目) めめっち しりあい 普通 1回目失敗
こいびと 普通 2回目失敗
ねつあい 普通 3回目成功
にょろっち(6代目) みみっち ねつあい 普通 成功
ふらわっち(5代目) くちぱっち ねつあい 普通 成功
ござるっち(7代目) ふらわっち ねつあい 普通 成功

キャラ開放2回目済み

キャラ開放2回目後も「レベル2」程度で上記と同じだと思います(今のところ)。

ともだち+ダイヤの指輪の組み合わせは厳しそう。しんゆう+ダイヤがよさそうです。または、ねつあい+ふつうの指輪がよさそうです。こいびととの組み合わせも良いですが、こいびとからねつあいはすぐになるので成功率を上げるならねつあいにしてからが良いと思います。

自分 相手(たまとも) 親密度 指輪 結果
りんごっち(9代目) ござるっち しんゆう ダイヤ 成功
にじふわっち(12代目) まめっち しんゆう ダイヤ 成功
にじふわっち(14代目) まめっち ともだち ダイヤ 1回目失敗
しんゆう ダイヤ 2回目成功
にじふわっち(14代目) まめっち しんゆう ダイヤ 成功
ききっち(10代目) めめっち しんゆう ダイヤ 成功
ききっち(11代目) ラブリっち しんゆう 普通 1回目失敗
ねつあい 普通 2回目成功
みみっち(12代目) にょろっち しんゆう 普通 1回目失敗
こいびと 普通 2回目成功
にじふわっち(18代目) まめっち しんゆう ダイヤ 成功
にじふわっち(14代目) ござるっち しんゆう 普通 成功

※随時、更新します。

たまともへのプロポーズを最短で成功するために

ここまで検証してきた結果、たまとものレベルにあった指輪と親密度にしてプロポーズしなければならないということがわかります。

普通の指輪では親密度を上げないと成功しないたまとものレベルの場合、ダイヤの指輪を買った方が圧倒的に早く結婚まで進めることができます。

例えば、ダイヤの指輪なら「しんゆう」で成功するが、ふつうの指輪では「ねつあい」にしないと成功しないというレベルの場合、しんゆうをねつあいにする時間を考えると、ダイヤの指輪で「しんゆう」でプロポーズした方が短い時間で結婚することができます。

また、ねつあいにするために使用するごはん、おやつ、おどうぐのコストを考えるとプラス4000円してダイヤの指輪にしても大した費用にはならないと思います。しんゆうからこいびとにするまで、たくさんお世話が必要なので。

ただし、プロポーズに失敗した場合は、大きなマイナスにはなってしまうリスクはあります。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。