LINEたまごっちゲームコーナーとは?ミニゲームの招待と受け方

LINEで発見!! たまごっちのゲームコーナー(ミニゲーム)で遊べる「フルーツキャッチ」と「もりのボウリング」のゲームの仕組み、友だちをミニゲームに招待&受ける方法について解説していきます。

ゲームコーナーとは

ゲームコーナーでは、「フルーツキャッチ(ぱっちの森でフルーツ集め♪)」と「ぱっちの森でボウリング♪」の2種類のミニゲームを遊ぶことができます。

ミニゲームすることでごっちポイントを獲得できるほか、あいじょー度をあげることもできます。ミニゲームで遊ぶだけでおやつやおどうぐなどのアイテムを使わなくてもあいじょー度をあげることができることを覚えておきましょう。

ゲームコーナーで遊ぶ

ミニゲームの始め方は、自分の部屋で【おせわ】⇒【ゲームコーナー】⇒【ゲームを選ぶ】の順に操作してできます。友だちとプレイしたい場合は、友達の部屋に行って「ゲームコーナー」を開いて招待してください。

フルーツキャッチ

画面右下と左下の矢印をタップして左右に移動しながら、落ちてくるフルーツをキャッチするゲームです。制限時間30秒以内(左上にカウントダウンがある)にカゴに入れたフルーツの数でスコアが決まります。

フルーツキャッチ

フルーツに紛れて毛虫が落ちてきます。毛虫をキャッチすると、しばらく動けなくなり画面下のライフ(ハート)が減ってしまいます。3つのハートがなくなるとゲームが終了してしまいます。毛虫はキャッチしないように気をつけてください。

端から端など離れた場所に移動するときは矢印を連続でタップしても良いですが、長押ししても素早く移動することができるので覚えておくと良いと思います。

こちらは難易度は低く、スコア30点以上で400ごっちポイント(1回の獲得最大)を獲得できます。

ぱっちの森でボウリング

10本のキノコを倒して5フレームの合計スコアを競います。出てくるモグラがボールをはじき飛ばしたりコースを変えてきたりするので要注意です。普通のボーリングとは違い、ガターはなく左右の壁にボウルが行くと跳ね返ります。

森のボウリング

スコアのルールは1ピン1点。ストライク20点、スペア15点。

400ごっちポイント(1回の獲得最大)稼ぐには、スコア50点以上が必要で難易度は高め。50点以上とるには、ストライクかスペアが1回以上必要です。やってみるとわかりますが、ストライクやスペアをとるのも意外と難しいです。

ストライクを狙ってヘッドピンあたりにボールがいくと左右にピンが残ることが多く、ストライクを取ることができません。私の経験上、ストライクを取るなら壁に当てて跳ね返らせて狙うか、邪魔してくるモグラを逆に利用してストライクを狙うかになります。

あるいは、手堅くスペアを狙っていくのも良いと思います。50点以上狙うならストライクは取らなくてもスペアを出していればOKです。

森のボウリングで友だちと対戦(招待&受け方)

森のボウリングは友達と一緒にプレイすることもできます。フルーツキャッチは一人用なので友だちとはできません。

友だちを誘うには、友だちのたまごっちの部屋からゲームコーナーを開いて【もりのボウリング】をタップすると、

ミニゲームを招待

「マッチング中 友だちを待っています」と表示するのでしばらく待ちましょう。

マッチング中

友だち側のLINEトークに「ミニゲームの招待」のメッセージが届きます。(招待した側はLINEトーク履歴にはメッセージは残りません)

たまごっちミニゲームの招待

招待を受けるには、ゲームを開いて自分の部屋でゲームコーナーをタップすると、「もりのボウリング ○○からお誘いがきてるよ!」とあるのでタップしてください。

もりのボーリングお誘い

以上で、2人でゲームを楽しむことができます。

ボーリング二人プレイ

対戦した場合は勝者には、2倍のごっちポイントが付与されます。

ミニゲームのごっちポイントについて

2018年11月2日より、ミニゲームのごっちポイント2倍にする広告再生の機能は停止しています。また、1日の獲得上限は2000ごっちポイントから4000ごっちポイントに変更、1プレイで最大400ごっちポイントへ変更。

ミニゲームで稼げるごっちポイントは1日4000ごっちポイントまで。ゲームのスコアに応じて、1人でプレイした場合は最大400ごっちポイント/回を獲得できます。ポイントを2倍にするのをお忘れなく!

獲得ポイント2倍

スコアの画面で【獲得ポイント2倍!】をタップして、広告動画を視聴するとごっちポイントを2倍にすることが可能。動画の長さによりますが、長い動画の時は短い動画に切り替えるようにすれば、大抵は広告動画を見た方が効率よく稼げます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。