LINEの背景が黒くなる「ダークモード」の仕組みや設定手順・解除のやり方【Android&iPhone】

LINEアプリ(iOS版)のバージョン9.19.0が、2019年1月6日にリリースしました。

今回のアップデートで、iPhoneのLINEアプリで「ダークモード」を使用できるようになりました。Android版は2019年10月に対応済みです。

この記事では、LINEアプリ(iOS&Android版)のダークモードの仕組み、設定手順と解除のやり方をついて解説していきます。

ダークモードとは

ダークモードとは、画面全体を黒を基調とした配色にする機能です。主に、黒背景、白文字になります。

白や青の明るい光が少なくなるので、目の疲れ軽減を期待できます。利用シーンとしては、暗い場所や寝る前の使用におすすめです。逆に明るい場所での使用は見づらくなる場合があります。

LINEアプリのダークモードの仕組み

LINEアプリのダークモードは、Android版とiPhone版でそれぞれ仕組みが違います。

iPhone版は、LINE内の設定はなく、端末設定と連動しており、iPhoneをダークモードにすると、LINEアプリも自動でダークモードになります。インスタグラムなどと同じ仕組み。

Android版もiPhoneと同じく、端末設定に連動していますが、LINEアプリ内で自動適用するかを設定する事が可能です。Android版LINEのダークモードは、着せかえ「ブラック」を適用します。

因みに、iPhone版のダークモードとして、着せかえ「ブラック」が適用されているのかというと、そうではありません。

ダークモードとブラック

左:ダークモード、右:ブラック

見た目はほとんど同じですが、比べてみると配色が微妙に違う事が確認できました。送信ボタンの紙飛行機はブラックが赤色、ダークモードが青色だったり、今日の文字がダークモードの方が明かるかったりします。

LINEアプリのダークモードの自動設定

自動設定を行えば、端末のダークモードを有効にすると、LINEアプリも自動でダークモードになります。この設定があるのは、Androidのみで、iPhoneはLINEアプリ内にオンオフの設定はありません。

Android版の設定手順

Androidの場合は「ダークモードではブラック着せかえを適用」のスイッチを有効にしておけば、端末の設定がダークモードになった時に、LINEも自動的にダークモード(着せ替えをブラック)に切り替えるように設定できます。こちらの設定は、デフォルトではオンになっています。

<ブラックを自動適用する設定>

  1. LINEアプリを起動します。
  2. ホームの上にある【歯車のアイコン】をタップします。
  3. 【着せかえ】⇒「ダークモードではブラック着せかえを適用」にチェックをいれます。
ダークモードではブラック着せかえを適用の設定

設定が表示しない場合は、お持ちの機種がダークテーマに対応していない、またはLINEアプリが非対応バージョンである可能性があります。

Androidのダークモードの設定は、下記リンク先の記事で紹介しています。

Androidスマホ「ダークテーマ」の設定切り替え手順!LINEやYouTubeなど対応アプリの使い方も

iPhone版の設定手順

iOS版LINEアプリのダークモードは、アプリ内の設定は特にありません。iPhoneの端末設定に依存します。

例えば、iPhoneの端末設定がダークモードになっていれば、LINEアプリも自動でダークモードになりますし、iPhoneの設定がライトモードになっている場合は、LINEアプリも通常の表示のままで、ダークモードにはなりません。

iPhoneのダークモードの設定は、下記リンク先の記事で紹介しています。

iPhoneのダークモードのメリットと使い方・設定のやり方【iOS13の新機能】

手動でダークモードにしたい

今のところ、手動でダークモードにする設定は用意されていませんが、その代わりとなるのが着せ替えのブラックを使用する方法です。

Android版では、ダークトーンの着せ替え「ブラック」を適用させてダークモードとして使用しているので、ダークモードと同じ環境で利用できます。LINEアプリ内のみ、ダークモードにしたい場合は、着せかえをブラックに設定してみましょう。

iPhone版LINEのダークモードは、着せ替え「ブラック」を使用しているわけではありませんが、「ブラック」にすれば、黒基調の配色になるので、ダークモードに近い環境で利用できます。

テーマを着せかえは、下記の手順で変更できます。

<ブラックに着せ替え>

  1. LINEアプリを起動します。
  2. ホームの上にある【歯車のアイコン】をタップして設定を開きます。
  3. ショップの項目にある【着せかえ】⇒【マイ着せかえ】⇒「ブラック(※1)」を適用します。
LINEの着せ替え ブラックに着せ替え

※1:ブラックがない場合は、マイ着せかえの画面で右上の【ショップ】から無料でダウンロードできます。

ダークモードを解除したい!勝手に真っ黒にならないようにしたい!

端末設定に連動しているため、LINEアプリの設定を触っていなくても、勝手にダークモード(背景が真っ暗に)なってしまうことから、突然のことで驚いたユーザーもいるようです。

不慣れな所為か、画面が暗くなったことで見づらかったり、文字が見にくいと感じる方も少なくないようです。特に多いのが、送信時刻と既読の文字が暗く、見づらいとの声が多いです。他には、背景が黒いので、黒系のスタンプや絵文字も見えにくいです。

LINEでのみダークモードを使いたくない場合は、下記の方法で対処できます。

<Android>

Androidの場合は、LINEアプリ内の「ダークモードではブラック着せかえを適用」をオフにしておけば、勝手にダークモードに切り替わらなくなります。(設定手順は上記参照)

<iPhone>

iPhoneの場合は、ダークモードに切り替わるのは、デフォルトの着せかえテーマ「基本」を適用している時に自動で切り替わるようです。ですので、着せかえを初期のテーマ「基本」から別のテーマに切り替えておくことで、iPhoneの端末設定でダークテーマに切り替えても自動的に切り替わらなくなります。「基本」に近く、白基調としておすすめの着せかえは「ホワイト」です。

LINEがダークモードにならない場合

LINEアプリを自動でダークモードにできない場合、お持ちの端末の環境が対応していない可能性があります。

  • LINEアプリがダークモードに対応していること
  • 端末がダークモードに対応していること

第1に、LINEアプリがダークモードに対応している必要があります。アプリバージョンが古い場合は、LINEのアップデートをしてみましょう。iOS版はVer.9.19.0以上。

LINEアプリの環境が整ったら、次は端末の環境です。iPhone、Androidともにダークモードに対応しているOS、機種である必要があります。

iPhoneの場合は、端末のダークモードに対応している必要があるので、ダークモードを使用できるiOS13以降のOSバージョンである必要があります。iOS12以前のバージョンでは、ダークモードに対応していないので利用できません。

Androidの場合は、ダークテーマが正式対応しているのは、Android10より対応しています。機種によっては、Android10よりも古いバージョンでも対応している機種もありますが、私が持っている機種は、「ダークモードではブラック着せかえを適用」の設定ができるのは、Pixel 3a XL(Android10)のみでした。

以上の環境を準備するのが難しい場合は、LINEアプリの着せかえを「ブラック」に切り替えて対処するようにしましょう。

1 個のコメント

  • iPhone版LINEでダークモードをオフにするには、着せかえをかえるか、iPhoneのダークモードをオフにするくらいか

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。