LINEのみどりくじの配布数は10枚、50枚、0枚の違いと条件とは?謎

LINEアプリの「LINEのグリーンウィーク」で貰える「みどりくじ」の枚数が10枚、50枚、0枚といった人がいます。みどりくじの配布枚数の違いや条件について疑問をもった声を多く見かけます。

SNS上では友だちが少ないから10枚だけ?50枚ほしいという人もいれば、50枚貰ったけど、50人分も送る相手がいないと困っている人もいます。

さて、みどりくじの配布枚数にはどのような条件があるのでしょうか?当然といったところですが、公式上条件は公開されていないのでわかりません。SNS上では次のような予想がされていました。

・友だちの登録人数
・年齢認証
・未成年は10枚?

直近数日~数週間で
・LINEの使用頻度
・LINEで連絡した人数

など

冗談で言っている人も多いようでしたが、みどりくじの配布枚数は、友だちの人数で決まっているか?といった声が非常に多くみられました。

友だちの登録人数で決めているということは考えづらい気がします。条件があるとすれば、指定した期間の使用頻度や連絡した人数の可能性のほうが高いような気がします。未成年が10枚ということもあるかもしれませんが、アカウントの年齢(作成してからの期間)とかもあるかもしれませんね。

そもそも条件があるのかも定かではありません。ランダムで配布されている可能性も十分あり得ます。

みどりくじが運営から届かずに、みどりくじが1枚もないという方は、条件を満たしていないもしくは、単にまだ配布されていないだけということが考えられます。条件や配布日についてはこちらの記事に書いています⇒LINEみどりくじが運営から届かいない、LINEのグリーンウィークのアカウントってどこにあるの?

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。