iPhone Xのステータスバーの4Gアイコンが小さくなる理由は?

モバイルデータ通信の4G回線に接続していることを表す「4G」のアイコン。iPhone Xのステータスバーに表示する「4G」のアイコンがいつもよりも小さくなることがあります。このページでは、小さくなる原因についてみていきます。

4Gアイコンが小さくなる現象と影響について

iPhone Xのステータスバーに表示する4Gアイコンが画像のようにホーム画面での表示だけ小さくなる事があります。4Gアイコンの左右の電波やバッテリー残量のアイコンサイズは同じです。

※画像下が小さくなった時の表示

4Gアイコンが小さくなったことでデータ通信ができなくなったり、通信速度が大幅に低下しているということはなく、普段と変わらず利用できる状態でした。

iPhone Xでよく起こる事象なのか発生状況を調べてみたところ、数件しか見つけられることができず、それほど問題視されていないようです。

4Gアイコンが小さくなる理由は?

この事象は、iPhone Xを使い始めた当初(iOS11)から起こっており、iOS11.2.6(記事執筆時)でも同じ症状を確認しています。私の端末で4Gアイコンが小さくなったのは、USBテザリングでPCを利用した時になることが多いですが、PC接続した時やテザリングした時に毎回なるというわけではありません。むしろ、小さくなるのはまれです。

何か特定の操作、設定、電波状態などの条件が当てはまった時に小さくなる仕様なのか、一時的な不具合なのか、一部のiPhone Xで発生している不具合なのかは不明です。

元に戻すには

端末の再起動を行うことで、元に戻ることが確認できました。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。