iPhoneの日付変更後の再起動で使用不可能になる!?『1970年1月1日13時』

iPhoneの日付の設定を『1970年1月1日13時』に設定後、再起動をするとiPhoneが起動しなくなると言うバグが発見されました。

この操作をするとiPhoneが使えなくなる危険性があります。操作は、簡単で『設定⇒一般⇒日付と時刻⇒自動設定をOFF⇒日付を1970年1月1日13時に設定⇒再起動』この手順でiPhoneが起動しなくなるようです。電源を立ち上げるとアップルのロゴが表示され、その画面から先に進まないようです。

日付を戻すのは、1日単位で動かしていくので大変そう??ということでやってみました。

iPhoneバグ再起動で起動しない

意外とすぐにここまできました。途中(2000年当たり)で画面が進まなくなりましたが、無理にスクロールを続けると一気に1970年まで進みました。1970年より前には戻らないようです。

iPhoneバグ再起動で起動しない.png②

1分程度で1970年までタイムスリップ!!1970年まで時間を戻すとスクリーンショットができなくなっていると言う情報もありましたが、私のiPhoneではスクリーンショットが可能でした。恐らく、iOSのバージョンの問題でしょうか。と言う事は、特定のバージョン?ある条件下でのみ使用不可になる可能性があるのか?全てのiPhoneで起こることなのかは不明です。

YouTubeやニュースサイトの情報によると、下記のアップルロゴの画面からすすまなくなり、使用不可能になるようです。

起動しないiPhone

この様子だと、iTunesで復元すれば、改善するような気がしますが、アップルで修理をしないと直らない可能性もありますので、実験感覚でするのは、危険です。決してやらないでください。

ツイッターなどのSNS上で、この方法を悪用して拡散している者がでてきています。『1970年にして再起動するとiPhoneの動作が軽くなる』といった内容のデマ情報です。気を付けて下さい。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。