家計簿アプリのZaimは、2017年12月2日発生の「iPhoneが勝手に再起動になる不具合」の原因を特定し公開しています。この情報を元に不具合の内容と対策について見ていきます。

再起動を繰り返す不具合の内容と発生状況

iPhoneが数秒ごとに画面が急に真っ暗になり、読み込み中(処理中)の表示、読み込み終了後にロック画面に戻る現象(再起動を繰り返す不具合)。

いくつかの条件を満たしているOSデバイスで発生する不具合で、かなり多くのユーザーがこの影響を受けています。

不具合が発生する原因

  • iOS11.1.0~iOS11.1.2をインストールしている
  • 繰り返し設定のあるローカル通知を組み込んでいるアプリをインストールしている
  • そのアプリの通知をONにしている
  • 日付が2017年12月2日~になっている

この4つを満たしていると不具合が発生するようです。不具合が発生しているのは、iPhone X、iPhone8 Plus、iPhone SE、iPadなど機種は関係なく対象のOSをインストールしていると発生している模様。

現在、不具合の原因として報告されているアプリは、「欅のキセキ」「家計簿Zaim」「マンガBANG」など

私は、どのアプリも入れてなかったので試しにひとつインストールして通知をオンにすると、すぐに同事象を確認することができました。特別な理由がない限り、今はインストールしないほうが良さそうです。新しく入れる場合も通知はオフにしておきましょう。

この他にも原因となるアプリがあります。

対処方法

問題となっているアプリの通知をオフにすることで解決します。不要なアプリについては、削除(アンインストール)してもOKです。

<通知をオフにする操作手順>
【設定】⇒【通知】⇒問題のアプリを選ぶ⇒通知を許可をオフにする

※原因となっているアプリがわからない場合は、全てオフにしてひとつずつ通知をオンに切り替えて特定できます。

※日付を12月2日より前に戻すことでも一時的に回避できますが、他のアプリが不具合を起こす可能性があります。基本的には、通知オフまたはアンインストールで対処しましょう。

 

これまで、問題なく使えていたアプリと端末が12月2日になって発生したものなので、アプリが原因なのかiOSが原因なのかどちらかわかりませんが、問題が解決されてから通知をオンにするようにしましょう。

家計簿アプリのZaimは、今回の現象を回避できるように修正した最新バージョンAppleの審査に提出したとのことです。App Storeに反映後アップデートができるようになります。アップデート後、通知をオンにして再起動が起こらないかチェックしてみましょう。

<2017年12月2日19時追記>
Appleは、再起動を繰り返す不具合に対して、iOS11.2にアップデートすることで改善すると案内しています。再起動する不具合が発生している方は、対象のアプリの通知をオフにした状態でiOSのバージョンアップを行って下さい。アップデート後に、通知をオンにして改善していることを確認してください。改善しない場合は、Appleサポートに問い合わせましょう。

 
アプリの使い方の関連記事
  • SwingBotをリリース、LINE上からGmailやキャリアメールの送受信、Todoリストの確認などができる
  • Sarahah「ユーザー検索」と「非表示設定」のやり方
  • AbemaTVバックグラウンド再生の設定とできない原因と対処方法
  • FaceAppの使い方とフィルター&モード解説。フェイスアップで写真加工
  • FODアプリの最近見た作品(視聴履歴)の見方と削除のやり方
  • CALNA(カルナ)のアカウント登録と削除、機種変更などのデータ引き継ぎのやり方
  • Netflixの有料プランの退会手続きのやり方。無料期間中に解約すると料金はどうなる?
  • Netflixのデータ通信量の目安と節約方法。画質や自動再生の設定のやり方など