iOS版『LINE 6.4.0』にアップデート、トークルーム優先表示『ピン機能』を追加

iOS版LINEアプリがバージョン6.4.0の提供が開始されました。追加された新機能と使い方をご紹介します。

アップデートによる新機能と操作方法

・トークリストから新しいスワイプ機能を追加
⇒下のタブからトークをタップし、トークリスト(トーク履歴一覧)を表示した時に、左右の両方向へのスワイプが可能になっています。

LINE6.4.0新機能

・指定したトークを常にトークリストの最上段に表示するピン機能を追加
⇒希望のトークで左から右へスワイプすると、ピンとスピーカーのアイコンが表示されます。ピンをタップすると選択したトークがトークリストの一番上に優先して、表示されます。未読のトークの有無は、関係ありません。

・トークルームに入ることなく、『既読』処理ができる機能を追加
⇒希望のトークで右から左へスワイプすると、『既読』『非表示』『削除』が表示されます。既読をタップすれば、トークルームに入ることなく、既読にすることができます。

・トークルームに入ることなく、『通知』ON/OFFする機能を追加
⇒希望のトークで左から右へスワイプすると、ピンとスピーカーのアイコンが表示されます。スピーカーのアイコンを押す事で通知のON/OFFの切り替えが可能。

・トーク履歴をiCloudにバックアップする機能を提供
LINEアプリを開き、【設定(歯車のマーク)】⇒【トーク・通話】⇒【トークのバックアップ】
※バックアップには、iOS端末の設定でiCloud Driveをオンにする必要があります。

・他のアプリから写真や動画を転送するときに、オリジナル画質のオプションと動画圧縮機能を追加

・LINE Payのパスワードを6桁に変更

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。