CapCutの使い方!音楽の入れ方や画面分割のやり方。無料で使える動画編集アプリ

みなさまは動画編集をどのようにされていますか?

動画編集と言えば、パソコンでやる人も多いと思いますが、今ではスマホでも動画編集を手軽にできるだけでなく、クオリティの高い編集機能にまで対応するアプリも登場しています。

「VivaVideo」や「InShot」などは、アプリストアでも高評価を得ている人気があるアプリです。他には、Apple社が提供するClips(クリップス)やiMovieも有名です。

そこで今回紹介するのは、「CapCut(キャップカット)」です。BGMやアニメーション、フィルターなど動画のクオリティを上げる充実した編集機能を搭載しています。

この記事では、CapCutの基本的な操作から実用的な使い方まで、動画編集のやり方を解説していきます。

CapCutとは

CapCut(キャップカット)は、Bytedance株式会社(バイトダンス)が提供する動画編集アプリです。

ByteDance社は、TikTok、Ulike、BuzzVideoなどの数々の人気アプリを手がけることでも有名なIT企業です。本社は中国北京にあります。

CapCutを使えば、動画にBGMや効果音を入れたり、文字を入れたり、静止画だけを並べて動画にすることもできます。

基本的な編集機能にしっかり対応していて、使い勝手も良く初心者にも使いやすいアプリになっています。

CapCutの使い方

初期設定からアプリの基本操作や動画編集でよく使う実用的な使い方について紹介していきます。

CapCutをダウンロードしていない方は、アプリストアからダウンロードしてください。AndroidはPlayストア、iPhoneはApp Storeからダウンロードできます。

CapCut
「CapCut」アプリ
© CapCut

※動作確認環境:CapCutアプリ Ver.1.7.1(iOS版)

初期設定とプロジェクトの作成

簡単な初期設定を行い、プロジェクトを作成して動画編集できるようにしていきます。

  1. CapCutアプリを起動します。
  2. サービス規約とプライバシーポリシーが表示するので確認して【同意する】をタップします。
  3. 【新しいプロジェクト】をタップします。
  4. 初回は写真へのアクセス権が求められます。【OK】をタップします。通知についても表示します。アプリからの通知が必要な場合は【許可】をタップしてください。
  5. 編集したい動画を選択して【追加】をタップします。写真の追加も可能です。
プロジェクトの作成

編集画面が表示するので、ここから実際に編集をしていきましょう。

テキスト・絵文字を入れる

動画にテキストや絵文字を入れてみましょう。

  1. 編集画面下にある【テキスト】をタップします。
  2. 【テキストを追加】⇒動画に入れる文字を入力します(絵文字を入れたい場合は【ステッカー】をタップします)
  3. 画面に表示した文字をタップしながらスライドして移動させたり、サイズや向きを変えたりできます。
  4. その他に文字に効果を加える場合は【スタイル】【エフェクト】【吹き出し】【アニメーション】より加工できます(※1)
  5. 【✓】をタップして完了です。
  6. ビデオクリップの下に入力したテキストクリップが表示します。表示させるタイミングや表示時間を調節して完了です。
テキスト挿入

※1

  • スタイル:色文字
  • エフェクト:字幕風
  • 吹き出し:漫画の吹き出し風
  • アニメーション:文字に動きを加えます

BGM・音楽・効果音を入れたい

動画にBGM・音楽や効果音を入れてみましょう。BGMや効果音を入れるだけで雰囲気が出てクオリティが上がります。

  1. 【オーディオ】をタップします。
  2. 音楽やBGMを入れる場合は【楽曲】、効果音は【エフェクト】をタップします。
  3. 入れる音楽を選んだら【↓】をタップします。すると、音楽が流れます。そのまま挿入する場合は【+】をタップしてください。
  4. 音楽が追加されたら、音楽を流す位置や音楽の長さを調節してください。
音楽を入れる

音量を調節する

動画の音を消してBGMだけにしたり、音量を大きくしたりとボリュームの調節をしたい場合は、クリップ毎に簡単に音量を調節できます。

  1. 音量を調節したいクリップをタップします。
  2. 下のメニューから【音量】をタップし、スライダーを左右にスワイプしボリュームを調節してください。
音量調節

カットする

動画に使いたくない部分をカットしていきましょう。ここで言う「カット」は各シーンの削除の事を指します。

ショートムービーにしたり、NGシーンをカットしたり、テンポの良い動画を作りたい場合など、動画編集で覚えておきたい基本テクニックです。

  1. カットしたいクリップをタップします。
  2. カットする部分の初めの位置に白いバーを合わせて【分割】をタップします。
  3. 次にカットする部分の終わりの位置に白いバーを合わせて【分割】をタップします。
  4. これでカットしたい部分が独立したクリップになりました。カットしたいクリップをタップして【削除】を押せばカットされました。
カットする

トランジションを入れる

クリップの移り変わりにアニメーション効果を入れられます。画面が切り替わる場面などに使われることが多いです。例えば、動画で場所を移動するタイミングでトランジションを入れたりします。

  1. 動画クリップをタップします。
  2. トランジションを入れたい部分に白いバーを合わせて【分割】をタップします。
  3. 分割した部分にある【白い四角】をタップします。
  4. 使いたいトランジションを選んで【✓】をタップします。
トランジション

別の動画や画像を追加する

プロジェクトに別の動画や画像を付け加えて、ひとつの動画にしたい場合があります。

  1. クリップの一番右側にある【+】をタップします。
  2. 動画や画像を選択して【追加】をタップします。
  3. 新しい動画クリップが追加されたら、長押ししながら好きな位置に移動させてください。
画像や動画を追加

ワイプを入れたい(ピクチャーインピクチャー)

ピクチャーインピクチャーは、テレビではワイプと呼ばれる機能で、メインの動画の上に別の動画を表示させる編集方法を言います。

  1. 【はめ込み合成の追加】をタップします。
  2. 動画または画像を選択し【追加】をタップします。
  3. ワイプのサイズは、ピンチイン・ピンチアウトで調節できます。
  4. その他の調節は、画面下のメニューから選択し行ってください。
ワイプ

画面分割

同時に画面を分割して2画面、3画面と複数の動画を表示させたい場合も上記のピクチャーインピクチャーを応用すれば可能です。

例えば、ゲームをしている画面とプレイしている人を一画面に収めたり、違う場所で撮影した動画を一画面に収めたりする場合などに使えます。

  1. 【はめ込み合成の追加】をタップします。
  2. 動画または画像を選択し【追加】をタップします。
  3. サイズを調節と位置を調節をします。
  4. 1~3を繰り返し、複数の動画や画像を追加します。
画面分割

元の動画や画像は背景になるので、何も映したくない場合は真っ黒の画像を追加しておきましょう。その上に表示させたい画像をはめ込み合成(ピクチャーインピクチャー)してください。

明るさを調節する

動画が見づらい時や明るすぎる時は、明るさを調節しましょう。

  1. クリップを選択します。
  2. 【調整】⇒【明るさ】の順にタップします。
  3. スライダーで明るさを調節できます。
明るさを調節

再生速度を変更する。倍速、スロー再生

再生速度を変更して、動画にメリハリをつけてみましょう。

例えば、人のリアクションをじっくり見せたい時や動きの速いものを見たい時は、スローにしたり、長時間同じような場面が続く場合は、視聴者が飽きないように速度を速めたりする編集をされることが多く見られます。

  1. クリップを選択します。
  2. 【変速】⇒【普通】の順にタップします。(【曲線】を選べば、速度の変化をお好みのパターンから選べます)
  3. スライダーを移動させて、再生速度を選びます。
再生速度

逆再生する

場面によっては、動画を逆回しで見せたいことがあると思います。CapCutには逆再生の機能も対応しています。

  1. クリップをタップします。
  2. メニューの右の方にある【逆再生】をタップします。
逆再生

編集した動画をダウンロードする

最後に編集を終えた動画をスマホにダウンロードする手順を紹介します。

  1. 右上の【↑】をタップします。
  2. 解像度、フレームレートを調節し【エクスポート】をタップします。
  3. 保存が完了するまで、しばらくお待ちください。
ダウンロード

8 件のコメント

  • あのBGM以外に追加したい時パソコンからしか出来ないんですか?
    自分が入れている音楽アプリを共有する事は可能なんですか?

    • 【オーディオ】⇒【楽曲】⇒【マイミュージック】⇒「抽出済み」または「デバイスから」を選んで、ダウンロード済みの楽曲や動画の音声を入れられます。

  • 1度間違えてアプリを消してしまい、インストールし直した所キラキラ系のエフェクトが消えてしまいとても悲しいです…そのエフェクト欄はBilという感じの綴りのものでした。とても愛用していたのでまた使えるようにならないかと思っています…

    • 「Bling」だと思うのですが、私の環境ではエフェクトの中にありました。

      Bling以外のエフェクトは使えるのでしょうか?

      ※動作確認環境:CapCutアプリバージョン1.7.1(iOS版)

  • お返事ありがとうございます‍♀️

    それです!

    それ以外のエフェクトは使えるので、不思議で不思議で悲しいし焦っております…

    • 端末はAndroidでしょうか?

      Androidを確認したところ、「Bling」はありませんでした。

      Blingを除く、エフェクトはiOS版と同じく利用できました。

      ※動作確認環境:Pixel 3a XL、CapCutアプリバージョン1.3.0(Android版)

  • Androidを使用しています。

    使えないんですね。ありがとうございます。残念です…

    Androidでも使用できるようになれば嬉しいなと思ってます。

  • 動画に写真を追加したら動画と違うサイズになってしまいました。

    動画と同じサイズにするにはどうすれば良いでしょうか?

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。