ファイトリーグがフリーズする、重い、強制終了するときに試したいこと

スマホアプリのタッグバトルエンターテインメントゲーム「ファイトリーグ(Fight League)」がフリーズして強制終了するなど動きが重くゲームをスムーズにプレイできない時に試したいことをご紹介します。

フリーズなどのトラブルが起こる原因として、サーバー、アプリ、スマホ、通信環境などが問題で発生していることが考えられます。

※本記事作成時のアプリバージョン:Ver.1.0.0

フリーズなどトラブル発生時に試したいこと

再起動を試す
基本的なことですが、スマホが不安定な場合は、スマホ&アプリの再起動を試してみよう。また、起動中のアプリが多いとメモリ不足になり動作が鈍くなります。

推奨環境にあるか
使用しているスマホがアプリが対応しているかチェックしよう。推奨環境はiOS版は9.0以上、Android版は4.1.0以上となっています。

パフォーマンス設定
アプリ内の右上の【歯車のマーク】⇒【オプション】⇒【パフォーマンス設定】より、「プレミアム」「ミドル」「エコノミー」の設定ができます。エコノミーが最も解像度が低くなりますが、カクツキを抑え、改善が期待できます。バッテリー消費の節約にもなります。

サウンド設定
サウンドをミュートにしてシステム負荷を軽減させよう。アプリ内の【歯車のマーク】⇒【オプション】⇒【サウンド】より変更できます。

キャッシュの削除
ファイトリーグを起動させて、タイトル画面の右下の【キャッシュ削除】⇒【OK】とすればキャッシュを消せます。キャッシュを削除するとデータの再ダウンロードが行われるので、通信環境が安定しているときに行うことをおすすめします。

サーバーに問題がある場合

アクセスが集中しているなどの理由でファイトリーグのサーバーに問題が発生したり、不具合を起こしているなどで、ファイトリーグ全体で発生している場合は、運営側での対応を待つことになります。運営のお知らせやSNSなどを通じて、自分以外のプレイヤーでも同じ問題に遭遇していないか調べてみましょう。

問題が解決しない場合

なにが原因なのか調べることが大切です。原因がわからず改善しないようでしたら、しばらく様子を見てみるのも一つの手です。しばらくしてから、プレイすると改善することはよくあります。

どうしても解決しない場合は、アプリの問題ならファイトリーグ運営へ、スマホ本体が原因ならメーカーや携帯キャリアに相談してみましょう。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。