au新料金プラン『データ定額1GB』を公式発表!!月額4900円プランを実現!!3月から提供開始予定!!

auがついに、ライトユーザー向けプラン『データ定額1GB』を追加することを発表しました。スーパーカケホ(1700円)とデータい定額1GBとの組み合わせが可能。『データ定額1GB=2900円』となり、トータルが4900円/月になる。auスマートバリューの適用で3966円/月。データ定額1GBは、カケホ(2700円)との組み合わせは不可。データ定額1GBを選択した時の料金の計算と解説します。

《2017年3月15日追記》
3月23日よりデータ定額1GBの提供が開始されることがわかりました。毎月割、データくりこしは適用外となりますご注意ください。

《2017年7月10日追記》
新料金プラン「ピタットプラン」「フラットプラン」を7月14日より提供開始
auピタットプラン、auフラットプランを解説。料金内訳、通話料、仕組みなど

スーパーカケホ+データ定額1GBの内訳

スーパーカケホ 1700円
LTE NET 300円
データ定額1GB 2900円
合計 4900円

テータ定額1GBでスマートバリュー適用の場合

スーパーカケホ 1700円
LTE NET 300円
データ定額1GB 2900円
auスマートバリュー ▲934円
合計 3966円

※auスマートバリューは、申し込みから2年間は▲934円の割引であるが、3年目以降は、▲500円の割引に減額します。

データ定額1GBの解説

データ定額1GBの組み合わせは、スーパーカケホ(電話かけ放題プランS)との組み合わせのみ可能。スーパーカケホは、1度の通話が5分以内の通話が無料のプラン。通話時間無制限のカケホ(かけ放題プラン)とデータ定額1GBとの組み合わせは出来ない為、通話が長い人は『データ定額1GB』の選択ができない。

これまではスーパーカケホは、一番小さいプランで『データ定額3GB』でトータル6200円/月でしたが、『データ定額1GB』の選択ができるようになると、4900円/月になるので、毎月1300円安くする事ができます。

どんなひとがデータ定額1GBにしたら良いか?

例えば、現在契約中のプランが、スーパーカケホ+データ定額3GBの場合でデータ使用料が2GB以下の人は、データ定額1GBプランに変更した方が安くなる。

※データ使用料は1か月間の利用料です。
※注意 毎月割は1GBプランの場合適用外となるため、毎月割を適用中の方が1GBプランに変更すると逆に高くなる可能性があります。

●データ使用量が1GB以下の場合
データ定額3GB=4200円⇒データ定額1GB=2900円
1300円/月、安くすることができる!

●データ使用量が2GB以下の場合
データ定額3GB=4200円⇒データ定額1GB=2900円+1GBチャージ(1000円)=3900円
データ定額1GBを選択した時にデータ使用量が1GBをオーバーした時は、データチャージをする事で2GB以下の場合は、『データ定額3GB』を選択している時よりも300円安くする事ができます

●データ使用量が1.5GB以下の場合
データ定額3GB=4200円⇒データ定額1GB=2900円+0.5GBチャージ(550円)=3450円
750円安くする事ができます

『データ定額1GB』選択時に1GBをオーバーしても、2GB以下であれば『データチャージ』をすることで『データ定額3GB』よりも安くできる。データチャージの利用がポイントです。

格安SIMの『データ定額1GBプラン』との比較

【au】
データ定額1GB=4900円/月
スマートバリュー有 3966円/月
備考:5分以内の通話無料+データ量1GB利用可能

・mineo
データ定額1GB=1410円/月
備考:通話料 20円/30秒 データ量1GB利用可能

楽天モバイル
データ定額3.1GB+5分かけ放題=2450円/月
備考:5分以内の通話無料+データ量3.1GB利用可能

比較結果
格安SIMの方が当然ながら格段に安いです

【iPhone激安運用】au版iPhoneを格安SIM『mineo』に乗り換える手順とメリット!!
au版Androidスマホを格安SIM『mineo』でお得に運用する為の方法と手順

【KDDI公式】「スーパーカケホ」に1GBのデータ定額サービス登場!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。