AQUOSシリーズのブルーライト軽減機能「リラックスビュー」の設定方法

AQUOSブランドには、スマホの利用で目を疲れにくい画質に変更することができる「リラックスビュー」「リラックスオート」という機能が用意されています。他メーカーで搭載されている「ブルーライトカット機能」にあたる機能です。

リラックス設定について

<リラックスビュー>
目に優しい画質モード。画面は黄色っぽく(暖色系)なり、目の疲れの原因となる青い光を軽減します。

<リラックスオート>
設定した時間に自動的にリラックスビューをオンオフする機能。リラックスオート時は、通常よりも画面の明るさが暗くなります。

エスパー連動にすると、人工知能エスパーが覚えた就寝時刻前に自動的に有効することもできます(エスパーを利用している場合に限ります)。細かく時間で指定したい場合は手動設定が適しています。

リラックス設定のやり方

端末設定からリラックス設定の詳細設定を行うことができます。

<動作確認>
機種:AQUOS sense SH-01K
OS:Android7.1.2
※機種やOSバージョンによって操作が異なる場合があります。

<操作手順>
【設定】⇒【ディスプレイ】⇒【リラックス設定】の順にタップすると、設定画面が出るので用途に応じた設定を行って下さい。【画質設定】でリラックスビューの強さを調節できます。色を濃く(黄色く)するほど、青い光が軽減され目の疲れを抑えることができます。

・例1:常にリラックスビューをオンにしたい
「リラックスビュー」にチェックを入れて有効化します。リラックスオートは、オフにしておきましょう。これで勝手にオフになることはなくなります。

・例2:毎日就寝前の20時から自動的に有効になるようにしたい場合
「リラックスビュー」「リラックスオート」の隣のチェックを入れて、それぞれ有効にします。次に時間の設定を行うので【時間設定】⇒【手動設定】⇒「開始時刻」を20時に合わせて、「終了時刻」を眠っている頃(時刻)に設定します。

目の疲れ対策

上記で説明した「リラックスビュー」以外にも対策できることができます。

スマホの設定上では、画面の明るさの設定を調節しておきましょう。明るく設定するほど、目に負担がかかります。暗すぎると見づらいので適度に。

ハード面では、「ブルーライトカットの保護フィルム」や「ブルーライトカットメガネ」を、目薬やサプリメント(ブルーベリーなど)によるケアもおすすめです。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。