楽天モバイルの請求額を調べる方法。携帯料金の利用明細の見方

楽天モバイルの月額料金の利用明細の見方をご紹介します。

設定していたクレジットカードや口座から携帯料金が引き落とさせたが、いつもより高かったり、安かったりと請求額の内訳が気になることがあると思います。利用明細を見れば、次回の引き落とし金額の確認や基本料金や通話料などの内訳を調べたりすることができます。

このページでは、楽天モバイルの請求額(内訳含む)、利用明細の確認のやり方をご紹介します。

楽天モバイルの明細について

楽天モバイルの請求額を見たい場合は、パソコンやスマホ・タブレットなどで「楽天メンバーズステーション」内の利用明細ページから簡単に料金の内訳を確認できるようになっています。

利用明細ページでは、過去12ヶ月分に請求された料金内訳を確認できるようになっており、料金明細が反映するのはご利用月の翌月、または翌々月10日頃までとなっています。

楽天モバイルの料金明細の見方

①「楽天モバイル会員サポート(マイページ)」から【楽天メンバーズステーション】にアクセスして、楽天アカウントまたはユーザIDを利用してログインをします。

IDとメールアドレスを入力してログインすると、アプリケーションの利用についての注意事項が表示するので確認後【同意する】をタップします。

②メンバーズステーションのトップページを開いたら、画面右上の【メニュー(三)】内の【利用明細】をタップします。通話料とSMSの利用明細だけ確認したいのであれば【通話/SMS明細】より調べることができます。

利用明細のページを開いたら、下の方にスクロールすると各月の請求一覧があります。料金を見たい月をタップして、各月の請求金額・利用ポイント・支払い方法を確認できます。

さらに、詳細を見るには年月をタップします。ここでは試しに2017年6月分を見てみてみようと思います。【2017/6】をタップします。

 

③指定した月のご利用料金詳細画面が開きます。下の方に内訳があります。

「楽天モバイル通話料・不可サービスご利用料金」では、090、080、070番などではじまる電話番号を使用した音声通話料やオプション料が表示します。「楽天でんわ by 楽天モバイル(通話料)」は、楽天でんわを使用して通話した料金が表示します。

サイト内にも赤字で記載がありますが、他の料金が翌月請求に対し、通話料金については翌々月の請求になるので、請求タイミングが異なるので注意が必要です。

 

 

シェアする