ソフトバンクへ乗り換えでキャッシュバックをたくさんもらう方法!!おとくケータイ.net

ソフトバンクへ乗り換えでキャッシュバックをたくさんもらう方法!!おとくケータイ.net

ソフトバンクへ乗り換え(MNP)でキャッシュバックをより多く貰う為には、最も重要なのが購入する店舗です。ソフトバンクより公式で設定されているキャッシュバック金額とは、別で店舗ごとにプラスで用意してあるキャッシュバックの金額がある。店舗ごとに設定されているベースのキャッシュバック金額が多いお店で購入する事が大事である。

ソフトバンク取り扱いの販売店の種類

販売店の種類には、ソフトバンクショップ、家電量販店、オンラインショップなどの数多くのお店で携帯を販売している。その中で最もお得に購入できるのがオンラインショップである。オンラインショップにも種類があり、ソフトバンクが公式で行っているソフトバンクオンラインショップと代理店が行っているオンラインショップがあります。

購入する店舗はどこがいいのか?

ソフトバンク公式オンラインショップは、公式で行っているキャンペーンのみが適用されるため、店舗独自で行っているキャンペーンがないので、基本的には、キャッシュバックは最低ラインの金額であり、どこで購入してもそれ以上のキャッシュバックが貰えます。それに対し、代理店が行っているオンラインショップは、ソフトバンクショップや家電量販店よりもキャッシュバックが多く、よりお得に購入できます。そこでご紹介するのは、ソフトバンク正規代理店のオンラインショップである『おとくケータイ.net』です。『おとくケータイ.net』は、ネット販売に特化したソフトバンク携帯販売代理店で2015年度のお客様満足度No.1の信頼できるオンラインショップです。

とにかく、キャッシュバックやキャンペーンなどの条件が他のお店に比べて非常にいいです。

詳細はこちら>>>キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】

キャッシュバックが多い理由は?

『おとくケータイ.net』は、ネット販売に特化しているため、店頭販売だと負担になる人件費がかからないので、ソフトバンクショップや家電量販店などの対面で行う為の人員を店頭販売ほど雇う必要がなく人件費を安く抑える事ができます。なにより、ネット販売をメインで行っている為、全国のお客様へ携帯を販売できるので、地域で行っている店頭販売(ソフトバンクショップや家電量販店)より、毎日の販売量が多い。販売量が多いのでそれだけ利益が出るので、キャッシュバックを他のお店より多く出す事が可能です。

『おとくケータイ.net』って信頼できるの?

ネット販売の正規代理店で最大手の『おとくケータイ.net』。ソフトバンク公式でお客様満足度No.1に輝いている信頼できるお店です。

人気YouTuberのカズさんの『おとくケータイ.net』に潜入レポート

わからないことは、お問い合わせ!!

『おとくケータイ.net』のサイト内にお問い合わせフォームがあります。プランの事や手続きのやり方、キャッシュバックやキャンペーンの特典、月額料金などわかないことが出てくると思います。疑問点は、まずお問い合わせしてみましょう。ご希望の連絡方法を選ぶことができ、メールと電話があります。電話予約をすれば、希望の日時に電話で詳しい説明を聞くことができます。

お問い合わせ・ご相談おとくケータイ.net

キャッシュバックを多く貰うコツ

おとくケータイ.netでは、他店対抗キャッシュバックを行っている。他のお店よりもキャッシュバックの条件をよくする代わりに、『おとくケータイ.net』で購入してもらうのが目的で行われている。他店舗での条件を『おとくケータイ.net』に伝える事でそこよりも多くの金額を出してもらえる可能性があります。ソフトバンク取り扱いのオンラインショップで比べるなら、『のりかえプロデュース!』でしょうか。地域のソフトバンクショップなどと比べても比べものにならない事が多いです。のりかえプロデュース!は、ソフトバンク携帯最安値を目指す!と謳っているオンラインショップである。こちらであれば、同等クラスのキャッシュバック額があるのでうまくいけば、多くのキャッシュバックを貰えます。

最後に

本体価格一括0円でキャッシュバックも付く機種もたくさんあります。最新の機種も他よりもお安くお得に契約できる条件がたくさんあります。オンラインでの購入が初めてと言う方もお客様満足度No.1の『おとくケータイ.net』なら親身な対応で安心して購入できます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。