ソフトバンク、自動更新なしの新料金プランを発表

ソフトバンクは、2016年6月1日より自動更新なしで3年目以降いつ解約しても解約料金が発生しない新料金プランの提供を開始することを発表しました。

自動更新なし新料金プランの内容

『スマ放題』『スマ放題ライト』を新しい2年契約プランで加入することで2年間のみの契約となり、3年目以降は、解約料金が発生しない。通話し放題プラン、通話し放題プラン(ケータイ)、通話し放題ライトプランでの加入が可能となっています。従来の自動更新の2年契約よりも、各プラン300円高くなる。

従来のプラン 新料金プラン
通話し放題プラン 2700円 3000円
通話し放題プラン(ケータイ) 2200円 2500円
通話し放題ライトプラン 1700円 2000円

自動更新なしの新料金プランのメリットは?

従来のプランと新料金プランを比べると、1月当たりの月額料金の差額が300円2年間で合計7200円(300円×24ヶ月)になる。従来のプランであれば、更新月以外の解約料が9500円発生するが、2年間契約を続けた場合、差額は、2300円。

3年目以降いつでも、解約料金を支払う事なく解約する為のプランであるが、仮に3年使って解約する場合だと、10800円(300円×36ヶ月)従来の自動更新ありの契約より高くなる。つまり、この時点で、従来のプランで契約し、解除料9500円を支払ったほうがお得になる計算だ。携帯の契約1ヶ月目から新料金プランにする場合は、25か月目~31か月目の半年の間に解約する場合は、新料金プランを選んだ方が支払う金額は少なくて済む。

上記の内容だと、かなり限定された使い方になってくる為、利用価値は著しく少ない。使い道はあるのか?現在わかっているないようだと、恐らく従来のプランからの切り替えをすれば、メリットは生まれてくる。2年間は、従来のプランで契約する。更新月にプランの切り替えが可能なはずなので、更新月に従来のプランに切り替えると更新月には解約しないが数か月以内に解約する場合は、役に立つかもしれない。

しかし、そういった限定的なプランでは、ほとんどのユーザーにとって何のメリットもなくプランの種類が増えただけのもの、なにかサービスがあるのか、条件があるのか、詳しい内容が分かり次第、ご紹介致します。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。