iPhoneがインターネットに接続できない、Wi-Fi・データ通信が繋がらない原因と対処方法

iPhone、iPadがインターネットに接続できない、Wi-Fi通信・データ通信が行えない時の原因と対処方法をご紹介します。

通信ができないと、メール、Safari、LINE、App Storeなどインターネットを接続をして利用するサービスが全て使えなくなってしまいます。ネットに接続できないよくある原因、その対処方法について書いています。

インターネットの接続する方法として、「モバイルデータ通信」もしくは「Wi-Fi通信」のどちらかになります。4G、3Gなどのデータ通信のアイコンかWi-Fiのアイコンが表示されていることを確認しよう。

最初に試してみること

iPhoneの再起動とSIMカードの抜き差し
【iPhoneの電源を切る】⇒【SIMカードを抜く】⇒【SIMカードを挿す】⇒【iPhoneの電源を入れる】
SIMカードが正常に認識していないとモバイルデータ通信ができません。抜き差しをするだけで改善します。SIMカードに錆びなどがみられる場合は、新しいSIMカードに交換することをおすすめします。

改善がみられない場合は、下記の対処方法をお試しください。それでも改善しない場合は、SIMカードの故障やiPhoneの故障などが考えられます。一度、Appleに相談してみよう。

4Gや3Gのマークが表示しない(モバイルデータ通信が行えない)

常に圏外や検索中のままでデータ通信が行えない
⇒滞納などにより回線が停止されている
⇒契約されていないSIMカードが入っている(解約されている)
⇒SIMカードが故障している
⇒iPhoneが故障している

モバイルデータ通信がOFFになっている
携帯の電波でデータ通信をするための設定です。必ずONになっている必要があります。
【設定】⇒【モバイルデータ通信】よりONになっていることを確認しよう

4G設定を見直す
4G通信のみ対応しているモデルにも関わらず、4Gの設定がオフになっていると、通信ができません。一度設定を見直そう。
【設定】⇒【モバイルデータ通信】⇒【通信のオプション】⇒【4Gをオンにする】より設定を確認しよう

機内モードになっている
機内モードになっていると、いつも4Gのマークが表示されている辺りに、飛行機のマークが表示されています。
【設定】⇒【機内モードをOFFにする】

電波が弱い、通信エリア外
⇒電波が拾えないような場所の場合は電波が良好な場所で試してみよう

一部アプリ(サービス)のみが利用できない
⇒モバイルデータ通信の使用をOFFにしている可能性があります。
【設定】⇒【モバイルデータ通信】⇒下の方にスクロールすると、モバイルデータ通信を使用の項目のデータ通信をしたいアプリがOFFになっていたら、ONに切り替えよう。

契約している通信事業者(携帯会社)側で、通信障害が発生している
⇒通信障害の場合、多くの人が同じ状況にいるかと思います。友達や家族のiPhoneが使えているか確認しよう。ツイッターなどのSNSで調べるのも手です。携帯会社の公式サイトで通信障害についてアナウンスしています。

ネットワーク設定をリセット
【設定】⇒【一般】⇒【リセット】⇒【ネットワーク設定をリセット】

Wi-Fiのマークが表示されているのに繋がらない

Wi-Fiの接続を一旦切断してから、もう一度設定をやり直そう。
【設定】⇒【Wi-Fi】⇒接続しているWi-FiのSSIDの右側のiマークをタップして、【このネットワーク設定を削除】より、Wi-Fiの接続を切断できます。切断後、SSID、WiFiのパスワードを入れ直してください。

Wi-Fiルーターかモデム側に問題がある可能性があります
接続状況を確認して、再度接続させてみよう。原因が分からない場合は、Wi-Fiルーター、モデムの電源を切って入れ直して試してみることで改善することがあります。

ネットワーク設定をリセット
【設定】⇒【一般】⇒【リセット】⇒【ネットワーク設定をリセット】

 

 

シェアする