LINEモバイルは、2月1日以降の申し込み分にの初期費用として、SIMカード発行手数料400円の支払いが必要になることを発表しました。

これまでは、LINEモバイル契約時に発生する費用は、登録事務手数料の3000円だけでしたが、2月1日からは、この登録事務手数料3000円、プラスSIMカード発行手数料400円で、合計3400円が契約時に発生します。

LINEモバイルの申し込みをして、2月までに開通した場合は、SIMカード発行手数料はかかりません。申し込みを1月中にしても、開通が2月1日以降になってしまうと、SIMカード発行手数料がかかるので注意して下さい。

また、エントリーパッケージのコードを使用して申し込む場合であっても、事務手数料の3000円は無料になるが、SIMカード発行手数料は400円は必要になるとのこと。

LINE MOBILE公式ブログ

LINEモバイルは、LINEをはじめ、ツイッターやインスタ、フェイスブックのSNSアプリを使い放題で利用できる魅力的なプランを用意し、昨年9月よりスタートした急成長中の格安SIMです。

月額500円でデータ容量1GBとLINEの使用がカウントフリーになる「LINEフリープラン」とLINE、Twitter、Facebook、Instagramの対象のSNSアプリの使用がカウントフリーになる「コミュニケーションフリープラン」の2種類のプランを提供している。コミュニケーションフリープランは、3GB、5GB、7GB、10GBのデータ容量を選択できます。

 
  • TONE(トーンモバイル)の申し込み手順。MNP、新規契約から商品到着、初期設定までの流れ
  • mineoのタイプ、コース、プラン変更の手続きのやり方と手数料、適用タイミング、違いについて
  • フリーテル、スマートコミコミを提供開始。6ヶ月経過後から新機種へ機種変更OK
  • フリーテル、『FREETELスマートフォン0円スタートプラン』各1000台限定
  • 楽天モバイルの秋のスーパー感謝祭を解説。iPhone SEが一括0円、honor9が4万円引きなど
  • 【IIJmio】iPhone SE、9.7インチiPad Proの動作確認結果を発表
  • 格安SIM利用者数上位5社の満足度を調査、料金の安さ、品質の満足度は7割越え!!
  • NifMo(ニフモ)、『SIMカードスタート割』で基本料金450円割引キャンペーン