LINEで発見たまごっち 成長時間と年齢。成長速度を早める方法

たまごっちは日々、成長し変身して姿を変えていきます。図鑑をいろんなたまごっちを登録したい方は、早くフレンド期(大人)にしたい方も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では、LINEで発見!! たまごっちの成長に要する時間、成長速度を早めるテクニックについてご紹介します。

たまごっちの成長過程と時間、年齢について

LINEで発見!! たまごっちは、たまご期からスタートし、赤ちゃんの間は幼児期、そして反抗期、思春期を経て、大人のフレンド期へと成長していきます。

たまごっちの成長

進化に必要な時間は次の通りです。

たまご期(即時)⇒幼児期(約1時間)⇒反抗期(約14時間)⇒思春期(約24時間)⇒フレンド期

たまごから生まれて、大人になるまで約2日。幼児期になってから約1時間後で進化、反抗期になって約14時間後に進化、思春期になって約24時間後にフレンド期に進化するといった流れになります。

ただ、この通りの時間で進化できるということは少ないです。

どういうことかと言うとたまごっちは眠っている時間に進化しないので、必要な時間を経過したのが眠っている間だと起きてからしか進化できないこと。そして、基本的に進化するのはたまごっちを起動させたときなので、ゲームを起動させないと進化するのが遅くなってしまうためです。

LINEで発見たまごっち いつ起きる?何時に寝る?寝てる間にできる事

 

たまごっちの年齢について

幼児期は0才、反抗期は1才、思春期は2才、フレンド期は3才になります。3才以降は1日で1才、年をとります。

年齢は1日で1才としをとるのですが、小さい頃は進み方が早いです。進化したら1才、年をとっているので幼児期や反抗期は早いスパンで歳を重ねます。

寿命はある?何歳まで生きられるのか?

たまごっちをどれだけこまめにお世話をしていても寿命が来たら死んでしまいます。チャレンジの中に「とっても長生き♪年齢が50才を迎えた」という項目があります。このことから最低でも50才までは生きられるということになります。

成長を早めることはできる?

ゲーム内の時間を早めたり、遅くしたりとプレイヤーがゲーム内の時間をコントロールすることはできません。ゲームによっては、スマホの時間と連動しているものであれば、設定上で変更することでゲームの時間も変わるものもあるが、LINEで発見!! たまごっちではスマホの設定時間は関係ありません。

少しでも早く成長・進化させたいなら、上記の時間が経過するのを待って成長させることです。

実は早く成長させるためのちょっとしたテクニックがあります。知っておくだけで結構な時間を早めることができます。

早く成長させたい場合

進化過程と時間の話でも説明したように、進化に必要な時間が経過したころにたまごっちを起動させる必要があります。

出来れば進化した時間を覚えておいて、進化できる時間になったらすぐにゲームを起動させて進化させておくことが大切です。

とは言っても、毎回毎回時間を覚えていなかったり、忘れたりしてしまうと思います。私が行っているのは、「LINEで発見!! たまごっち」のLINE公式アカウントとのトーク画面を見る事です。

トークルームを開くと、たまごっちが生まれてすぐに「よろしくでちゅ!」とトークが届いています。数分の誤差はあるかもしれませんが、目安としてこの時間が幼児期になった時間です。

LINEたまごっちトーク

反抗期に進化できるのは、幼児期になってから約1時間後なので、トークが届いた時間の1時間後にゲームを起動させれば進化するということになります。

同じ繰り返しですが、進化したらまたすぐに「大きくなったクワ!」などとトークが入るので、次成長できるのは、最短で約14時間後なのでその頃にたまごっちを起動させれば進化できます。

以上のように、トークを受け取った時間を見ながらやっていただくと少しでも早く成長させることができるのではないかと思います。

ちなみに、呼び出し通知の設定を「なし」にしているとトークは届かないですし、「すくない」でも届くときと届かない時があります。進化した時間を把握するなら呼び出し通知の設定は「ふつう」か「おおい」にしておくのがおすすめです。

呼び出し通知の設定

メニューのせっていから変更できます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。