LINEたまごっち「こどもの日イベント」にアクション付きリビングが登場!こいっちが泳ぎ回る!

LINEで発見たまごっちのぱっちの森でボーリングの期間限定イベント第5弾は、「こどもの日イベント」です。

今回、初登場となるアクション付きのリビングなどのこどもの日仕様の限定の家具を手に入れることができます。

それでは、こどもの日イベントのルールやご褒美など詳細を見ていきましょう。

こどもの日イベントのルールは?

ぱっちの森でボーリングのピンが、いつもはキノコがピンになっていますが、イベント期間中(4月25日17時30分~5月9日20時の2週間限定)は、カブトが登場します。

カブトを倒して、イベントスコアを集めてアイテムをゲットできます。

<カブトの種類とスコア>
金のカブト:2点
青のカブト:1点

金のカブトの出現条件

金のカブトを倒して、スコアを効率よく集めましょう。

出現条件は3つ。

  • 毎日1回目のプレイ
  • 1000ごっちポイントを支払ってボウリングをする
  • フレンドと一緒にボウリングをする(2人プレイ)

2点分のピンの出現条件は前回のさくらまつりと同じです。ごっちポイントに余裕のある人は、1000GPを使ってプレイするのがおすすめ。

ご褒美一覧・限定家具

ごほうび 累計イベントスコア
おんプレッツェル×1 25
ロールキャベツ×2 50
端午のテレビ×1 99
おすし×1 148
銀メダル×2 210
アセロラゼリー×2 259
端午のマット×1 333
スポーツドリンク×1 407
ベトナムフォー×2 481
金のメダル×2 555
おこのみやき×1 641
端午のタンス×1 727
チョコフォンデュ×1 813
ブルークリスタル×2 899
ショートケーキ×1 997
もりのきのこバーグ×1 1095
端午のリビング×1 1206
カルボナーラ×3 1317
メロンアイス×2 1428
サファイア×1 1551
だんご×3 1662
もりのきのこバーグ×2 1773
端午のリビング(アクション付き)×1 1896

今回の限定家具は、端午のテレビ、端午のマット、端午のタンス、端午のリビング、端午のリビング(アクション付き)の5種類。

こどもの日イベントご褒美

これまでの限定イベントは4種類でしたが、新しくアクション付きのリビングが登場しています。今まで「LINEで発見たまごっち」に登場した限定のリビングやショップで販売されているものを含め、アクション付きというのは初です。

アクション付き端午のリビング

こいのぼり(こいっち)が部屋を泳ぎ回ります。(たまともの部屋が今回のイベントで獲得できるものにもようがえされています。たまともの部屋に行って確認して見て下さい。)

前回のさくらまつりイベントでは、1624でリビング(さくらのリビング)がもらえましたが、今回は1206で端午のリビングがもらえるので、必要スコアは418も少なくなっています。ただし、目玉のアクション付きのリビングまでの獲得スコアを考えると難易度は上がっています。ちなみに開催期間も前回と同じ2週間。

スコア1896の獲得には、14日プレイするとして、1日あたり130前後は毎日獲得しなければなりません。回数で言うと、仮に1回15点獲得できたとすると、8,9回は毎日する必要があります。

根気強くプレイして、「端午のリビング(アクション付き)」を目指して頑張りましょう!

※画像:「LINEで発見!!たまごっち」より
©BANDAI,WiZ

7 件のコメント

  • たまともの部屋へ行ってみたら、子供の日のイベント家具で埋まってました。全て揃ってると、趣味悪いなぁ〜という感想でした。鯉のぼりのタンスがあるのに鯉のぼりが空を泳ぐ姿が…原色だらけで落ち着きの無い部屋でした。アクションの無い壁紙だと少しはマシでした。もう少し配色を考えて配置して欲しかったです。

    • 友だちとの2人プレイが対象です。

      たまとも(CPU)の場合は青のカブトが出現します。

  • 毎回イベント限定家具コンプリートしていますが、今回のデザインはたしかに残念感はあります。
    桜も個人的には期待していただけにイマイチ。
    ダントツでバレンタインデーの部屋と家具がお気に入りです!
    今後に期待。

  • コンプリートして、部屋の真ん中にたまごっちが立つと、こいっちが邪魔になるから、アクション無しの方がまだいいかもしれない。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。