iPhoneのバッテリーを激安で交換する方法

iPhone購入当初は、充電を満タンにすれば1日・2日は持っていたが、購入から数年経過すればバッテリーが弱り、充電の持ちが悪くなります。充電が1日も持たなくなってしまった。と言うお声をよく聞きます。そこで、今回は、Appleのバッテリー交換費用と激安でバッテリーを交換する方法をご紹介します。

iPhoneのバッテリー交換は何円?

Appleでのバッテリー交換は、製品保証期間内またはAppleCare+に加入しているかで費用は変わります。製品保証期間内またはAppleCare+に加入している場合は0円で交換ができます。保証対象外の場合は、9400円(税別)

保証で0円でバッテリー交換ができる場合は、Appleでバッテリー交換をしてください。問題なのが保証対象外の方で9400円もかかってしまう場合である。

9400円かかる場合に激安でバッテリー交換する方法

9400円かかるところを半額以下にする事ができる。それは、自分で交換すると言う方法だ。難しく感じるかもしれないが、交換キットと言う専用の工具があるので、その工具を使えば簡単に交換する事ができます。また、自分でバッテリー交換する時のメリットは、iPhoneのデータを残せる点です。Appleでのバッテリー交換は、データが初期化されるが、自分で行う場合はデータを残す事ができます。

自分で修理.com
にマニュアルがあり、わかりやすく解説されています。またバッテリー交換セットが販売されています。バッテリー交換に必要な物が一式揃っているのでお勧めです。iPhone6のバッテリー交換セットは4980円。

さらに!安くバッテリー交換する方法

交換キットや交換用バッテリーをAmazonで購入するとさらに安く手に入れる事ができます。ただし、購入の際は、交換キットや交換用バッテリーを間違えないように注意して下さい。Amazon『iPhone 交換 バッテリー』

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。