原作をベースにした『犬夜叉モバイルRPG』を制作発表、2017年配信予定

韓国のディーズアークは、人気テレビアニメ『犬夜叉』のAndroid、iOS対応スマホ向けゲームアプリ『犬夜叉モバイルRPG(仮称)』を製作していることを発表しました。配信は、日本では2017年上半期、韓国では2017年後半期に予定している。

ゲーム内容について
本作は、犬夜叉のテレビアニメのストーリーをベースに制作したアクションRPG。原作に登場する背景、人物、服装、武器などの細かな部分までフル3Dグラフィックスで制作中とのこと。

最初は犬夜叉でプレイして、ストーリーの進行と条件を満たすことで、さまざまなキャラクターを使用できるようになるようだ。原作の必殺技をベースにしたコンボシステムを採用し、簡単操作で派手なプレイが可能。

プレイヤー同士で対戦できるPvPモードや多プレイヤーと協力して敵を倒すレイドモードを搭載するとしている。

犬夜叉について
犬夜叉は、小学館の週刊少年サンデーで1996年から2008年まで連載されたコミックは全56巻の人気マンガ。漫画家『高橋留美子』の少年漫画、前作は『らんま1/2』こちらも大人気。

物語の始まりは、神社の娘である女子中学生「日暮かごめ」は井戸にはまり、戦国時代へタイムスリップしてしまう。そこで、妖怪と人間の間に生まれた半妖「犬夜叉」と出会う。あらゆる願いをかなえるという砕けた四魂の玉のかけらを集める旅に出る。

犬夜叉 official webでは、アニメ第1話を無料動画配信中です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。