GMOとくとくBBがシェアSIMの提供を開始!複数枚契約はシェアSIMが安い

GMOとくとくBBは、音声通話対応の格安SIMにおいて、1契約につき最大5枚でデータ通信量を共有することができる『シェアSIM』の提供を7月13日より開始しました。

シェアSIMの料金と概要

シェアSIMは、音声通話対応SIM『GMOとくとくBB SIM スタンダードプラン』のデータ容量6GBを契約した場合は、最大2枚、データ容量12GBを契約した場合は、最大4枚のSIMを追加することができます。既に、『GMOとくとくBB SIM スタンダードプラン』を契約している方へは、2016年8月上旬より『シェアSIM』の追加受付を開始します。

【シェアSIMの追加料】
シェアSIM(データ) 1枚につき、200円/月
シェアSIM(SMS) 1枚につき、320円/月
シェアSIM(音声) 1枚につき、900円/月

上記の月額料金のほかに、発行手数料が1枚ごとに3000円発生します。

シェアSIMの活用例

GMOとくとくBB SIMで提供さている料金プランは、主に3種類。GMOとくとくBB SIM スタンダードプランの3GB/6GB/12GBである。

音声SIM シェアSIM
3GB 1580円
6GB 2130円 最大2枚
12GB 3380円 最大4枚

シェアSIMを契約した時にお得になるパターンとして

例えば、音声SIM3GBを2枚契約する場合、1580円×2枚=3160円/月

シェアSIMを追加すると、音声SIM6GBでシェアSIM×1枚の場合、2130円+900円=3030円/月となり、毎月130円安くなる。

今回の例の場合は、毎月130円安くなる程度だが、SIMの枚数が増えるほど、シェアSIMの安さの本領が発揮されます。条件がマッチすれば、シェアできる契約は、とても安くなるのが特徴。

シェアSIMの良いところは、自分の使用するデータ容量のプランがない場合でも、シェアSIMを組み合わせることでうまくデータ容量を調整することできる点。例えば、6GBプランをシェアしている場合、一人が1GBを使用、もう一人が5GB使用という風に、GMOとくとくBBの料金プランには、1GBや5GBのプランは無いが、シェアすることでうまく使用することができます。

GMOとくとくBB 最大5枚のSIMでデータ通信量を分け合える「シェアSIM」を提供開始

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。