ドコモとauの「Galaxy Note9」本体価格と月額料金。Galaxy Note8とスペック比較

SAMSUNGの「Galaxy Note9(ギャラクシーノート9)」が2018年秋冬モデルとしてドコモとauから10月25日に発売しました。

このページでは、Galaxy Note9のスペックとGalaxy Note8の違い、ドコモ版、au版の本体価格と実際に契約した場合の月額料金について解説していきます。

Galaxy Note9のスペックをNote8と比較

Galaxy Note9は、昨年の冬モデル「Galaxy Note8」の後継機にあたる機種。Noteシリーズは1年ぶりの発売となります。

Note9は、Note8とスペックを比べならがら何が進化しているか見ていきましょう。

Galaxy Note9 Galaxy Note8
メーカー SAMSUNG(サムスン)
OS Android 8.1 Android 7.1
CPU Snapdragon845 2.8GHz×4+1.7GHz×4(オクタコア) Snapdragon835 2.35GHz×4+1.9GHz×4(オクタコア)
RAM 6GB
ROM 128GB 64GB
バッテリー容量 4000mAh 3300mAh
ディスプレイ 6.4インチ  Super AMOLED(有機EL) 6.3インチ Super AMOLED(有機EL)
本体サイズ 縦162
幅76
厚さ8.8
縦163
幅75
厚さ8.6
重量 201g 190g
カメラ メインカメラ:1220万画素×2(広角&望遠)
インカメラ:800万画素
主な機能 防水、防塵、おサイフケータイ、ワンセグ機能

■サイズ
サイズについてはほぼ変わらず、10gほど重く、デュスプレイも少し大きくなりました。

■カラーバリエーション
docomo版は、オーシャン ブルー、ミッドナイト ブラックの2色。au版は、ラベンダー パープルとの3色展開。

■OS
標準搭載されているOSに違いがありますが、Galaxy Note8はAndroid8.-系へのアップデートに対応しているので、同等のバージョンで今のところは利用できます。今後のアップデートはどこまで対応できるかはまだわかりません。

■処理能力
CPUは、高性能となった最新のSnapdragon845搭載。処理性能が向上しています。au版、docomo版ともにより早いモバイルデータ通信に対応。

■容量
Galaxy Note9のストレージ容量は128GBになり、Note8の2倍になっているほか、外部メモリについても2倍の容量に対応するようになっています(micro SDカード最大512GB対応)。

■電池持ちと充電
バッテリー容量が大きくなり、電池持ちも長く(au公式によると約20時間ほど)。同様に有線、ワイヤレス充電に対応。急速充電をすれば約120分でフル充電が可能。

■Sペン
GALAXY Noteシリーズお馴染みのスタイラスペン「Sペン」はもちろん搭載。本体に格納しているSペンを使ってスマホを操作したり、手書きメモを書いたりすることができます。Note9の進化したSペンは、カメラ撮影時にリモコンとして遠隔撮影することも可能。

■冷却システム
長時間の使用で熱を持ちやすいスマートフォンですが、Note9の冷却システムで冷却性能がNote8と比べ21%アップしているとのこと。

■カメラ
Galaxy Note9の広角カメラは1220万画素F1.7。Galaxy Note9の広角カメラはF値1.5とF値2.4の自動切替に対応。2つのモードの自動切り替えで明るい場所でも暗い場所でも明るく鮮明な写真を撮影できます。まばたきやブレなどの撮影ミスをお知らせする「撮り直しアラート」も。カメラ性能についても進化しています。

Galaxy Note9の本体価格

ドコモ au
本体価格 一括:126360円
分割:5265円×24回
一括:129600円
分割:5400円×24回
割引 新規・機変:▲1701円×24回
MNP:▲2403円×24回
▲2376円×24回
実質負担金 新規・機変:3564円×24回(85536円)
MNP:2862円×24回(68688円)
3024円×24回(72576円)

※2018年10月29日に公式サイトにて確認した金額です。

■ドコモ版(Galaxy Note9 SC-01L)
他社からドコモに乗り換える(MNP)場合に限り、月々サポートが702円/月多く割引されます。ドコモオンラインショップで新規またはMNPで購入する場合は、本体価格から5184円割引を適用できます(オンラインショップ限定特典)

■au版(Galaxy Note9 SCV40)
ピタットプランやフラットプランを申し込む場合は、毎月割は適用できません。

Galaxy Note9の月額料金

ドコモ、auのGalaxy Note9を契約した場合の月額料金を見ていきましょう。

ここでは、ライトユーザー向けの安い料金プランの組み合わせで計算しています。下記で紹介するプランの組み合わせや契約方法は一例であり、契約する内容によって料金は異なります。

下取りプログラムを使ったり、分割回数を変えたりすると1か月あたりの月額料金は安くなりますし、逆に保証などオプションを付けたり、容量の大きいプランにすれば高くなる場合もあります。

自分に利用量に合ったぴったりのプランを選ぶようにしましょう。

ドコモ:Galaxy Note9 SC-01Lの月額料金

月間のデータ使用量が1GBまでの場合の料金です(ベーシックパック)。通話料は30秒20円。

シンプルプラン 1058円
spモード 324円
ベーシックパック 3132円
ドコモ光セット割 ▲108円
本体分割 5265円×24回
月々サポート 新規・機変:▲1701円×24回
MNP:▲2403円×24回
合計 新規・機変:7970円
MNP:7268円

家族でデータ容量を共有して利用する場合は、もっと安くなります。例えば、同じプランで家族2人でデータシェアパック(5GBまで)に加入し契約した場合は、2台で10886円(1人当たり5443円)。MNPなら9482円(1人あたり4741円)。

ドコモオンラインショップならオンラインショップ限定特典(新規・MNPのみ)で5184円機種代が安くできますし、契約事務手数料もかかりません(機種変更・新規・MNP)。

au:Galaxy Note9 SCV40の月額料金

ピタットプランでデータ使用量1GBまで使用した場合の料金で計算しています。通話は30秒20円です。

auピタットプラン(スーパーカケホ) 3758円
スマホ応援割 ▲1080円×12回
auスマートバリュー ▲540円
機種分割 5400円×24ヶ月
合計 7538円

スマホ応援割の条件として、スーパーカケホにする必要がありますが、終了後はシンプルプランの方が安くなります。割引終了後は、通話が少ない方はシンプルプランに切り替えた方が良い場合もあります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。