FREETEL RAIJIN(雷神)を発表。本体価格と月額料金とスペック紹介

プラスワン・マーケティングは、新製品・新サービス発表会にて、2016年秋冬モデルとして、『雷神 RAIJIN』を発表しました。これまで、フリーテルではSAMURAIシリーズ、KIWAMIシリーズ、Prioriシリーズなど発売されてきましたが、雷神は新シリーズとして登場。

新商品発表会

RAIJINの最大の特徴は、トップクラスの大容量バッテリー、5000mAhを積んでいる。増田薫社長は1週間弱バッテリーが持ったそうです。ディスプレイサイズは5.5インチFHDを搭載し、素材は頑丈なゴリラガラスを使用。発売は12月を予定しており、本体価格は29800円となっています。

RAIJINスペック
OS Android 7.0 Nougat
CPU オクタコア MT6750T 1.5GHz
メモリ RAM4GB、ROM64GB
microSD最大128GB
カメラ メイン1600万画素
フロント800万画素
サイズ(mm) 縦153mm×横76×厚さ8.7
重量 183g

指紋認証センサーを搭載。2つのSIMを切り替えて使い分けできるディアルSIMディアルスタンバイにも対応。

RAIJIN、Zenfonemax比較

大容量バッテリーの機種は、厚く、重くなるがと比較的薄く、軽く設計されている。同じ5000mAhのZenFoneMaxと比較すると、ZenFoneMaxは重さ203g、厚さ10.55mm。RAIJINは、薄く、軽いのがわかる。

スペックと特徴まとめ

2月1日に発売した「フリーテルの新ブランド雷神シリーズ」の1作目。ディスプレイサイズ5.5インチ、本体サイズ 153×76×8.7mmと大きいディスプレイ操作がしやすく見やすく大きさになっている。どちかというと男性向けでしょうか。

RAIJINは、24日間の連続待受ができるとされている大容量バッテリー(容量5000mAh)を搭載し電池持ちを重視する方に適しています。スムーズな動作が期待できるハイスペック(RAM4GB、ROM64GB、CPU8コア)。OSは最新のAndroid7.0を搭載し、デュアルSIMにも対応。

カメラはF値2.0の明るいレンズにメインカメラ1600万画素を搭載。専用アプリ「FREETELカメラ」で一眼レフのような鮮やかな仕上がり。

本体価格と月額料金

本体価格は一括29800円。

雷神本体+音声SIM+5分かけ放題+とりかえ~るがセットのスマートコミコミで契約した場合は、最安プランの使った分だけ安心プランで契約すると、月額2790円~利用することができます。

スマートコミコミで購入するなら、2月13日までがチャンスです。スマートコミコミで申し込みすると5000円還元するキャンペーンを2月13日まで実施中です。

公式サイト FREETEL RAIJIN

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。