ドコモ社長インタビュー、4Gケータイを年内導入、スマホの料金の値下げは?

NTTドコモの吉沢和弘社長は、7月7日の朝日新聞のインタビューで、4G通信に対応したガラケーを年内に販売を開始することを明らかにし、将来的にもガラケーの販売を続けると話した。

ドコモ4Gケータイを年内導入

ドコモで販売されているガラホは、2015年に発売した3G通信に対応した機種のみで、4Gに対応したガラホが発売されていません。他社では、既に4G回線に対応したケータイの販売されています。auでは、夏モデルとして、4G通信に対応したガラホ『AQUOS K SHF33』が7月6日に発売している。AQUOS Kシリーズは、これで3世代目になる。GRATINA 4Gもある。ソフトバンクでは、DIGNOケータイが発売されています。ドコモも少し遅れて、4Gケータイの導入ですね。

ドコモでは、2020年には、5Gの導入開発が進み、3G通信は縮小。4G LTEが導入され、当初は、3G通信、4G通信ともに対応したスマホばかりであったが、最近の機種については、4G通信のみに対応し、3Gは非対応となっている機種ばかりです。ガラケーも4G通信時代。

スマホの料金について

スマホの料金の値下げについては、通信速度、動画、音楽など価値あるサービスの提供をするとのことで、スマホ料金の値下げは難しいようです。通信速度の向上、サービス強化と、ドコモは、価格より、品質で勝負ですね。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。