au、毎月割適用中にデータ定額1GBへ変更した時の料金シミュレーション、月額料金の変動を紹介

3月23日よりデータ定額1(1GB)が3月23日より提供されることがわかりました。毎月割が適用外になることがわかっております。データ定額1GBを検討されている方は、スーパーカケホ+データ定額3GBからスーパーカケホ+データ定額1GBへの変更を考えられている方が多いのではないかと思います。プランを変更した場合、高くなるパターンと安くなるパターンを料金シミュレーションしてみました。

データ定額3GBとデータ定額1GBの料金シミュレーション

毎月割適用中のデータ定額3GBの月額料金とデータ定額1GBへ変更した場合の月額料金を算出しております。機種は現在(2016年3月16日)auオンラインショップの本体価格と毎月割を参考にしています。

【データ定額1GBへ変更すると高くなるパターン】

 iPhone6s/16GB データ定額3GBを選択 データ定額1GBを選択
スーパーカケホ 1700円 1700円
LTE NET 300円 300円
データ定額 4200円 2900円
本体分割代金  3510円  3510円
毎月割  ▲2435円 0円
合計  7275円  8410円

上記のサンプルのiPhone6sのように毎月割が高額な場合は、データ定額1GBへ変更することにより高くなる。データ容量が少なくなる上に支払いする金額まで高くなってしまいます。

【データ定額1GBへ変更すると安くなるパターン】

 Qua phone データ定額3GBを選択 データ定額1GBを選択
スーパーカケホ 1700円 1700円
LTE NET 300円 300円
データ定額 4200円 2900円
本体分割代金  2070円  2070円
毎月割  ▲846円 0円
合計  7424円  6970円

上記のサンプルのQua phoneのように毎月割が少額な場合は、データ定額1GBへ変更することにより安くなる。

最後に

毎月割適用中の場合、データ定額1GBへ変更することで毎月割が廃止になるため、毎月割の金額によって高くなるケースがあります。現行のプランや条件によりますが、毎月割の割引を受けていない現在の機種を長期利用中の方でしたらプランを変更することで月額料金が今よりもお安くなる可能性が高いです。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。