【無料】AIが絵を描く、イラスト自動生成アプリ!おすすめ5選!

SNSやテレビ番組で取り上げられたことで、AIが絵を描いてくれるイラスト自動生成アプリが注目されています。

アプリの使い方はシンプル。キーワードを入れるだけの簡単操作でAIが画像生成してくれます。

Android、iPhone、どちらの機種でも利用できます。ぜひ試してみてください。

この記事では、無料で使えるAIが絵を描いてくれるイラスト自動生成アプリおすすめ5選を紹介します。

AIが絵を描く、イラスト自動生成アプリとは

本記事で紹介するAIが絵を描く、イラスト自動生成アプリとは、キーワードを入力するだけで画像を生成できるアプリのことを言います。

例えば、「虹の森」とキーワードを入力すると、AIがキーワードをもとに画像を生成します。アプリによっては、キーワード以外にもアートスタイルの選択など、より詳細な設定を行えます。

もちろん、入力するキーワードで絵は異なりますし、同じキーワードを入れても違う絵が生成されます。可能性は無数にあります。自分だけのお気に入りの画像を生み出してみましょう。

また別ですが、AIイラスト関連のアプリで、選択した写真をベースにイラスト化できるアプリもあります。詳しくは、こちらの記事「AIで写真をイラスト化できる無料アプリ!おすすめ4選とやり方【iPhone&Android】」で紹介しています。

AIが絵を描く、イラスト自動生成アプリのおすすめ5選

本章では、無料で使えるAIが絵を描く、イラスト自動生成アプリのおすすめ5選を紹介します。

中でも、今の人気、注目のアプリをピックアップしています。

アプリ 内容
Picsart 多機能・高性能な写真・動画編集アプリ。AIツールにも対応しており、キーワードやスタイルを設定するだけでイラストを生成できます。生成したイラストをそのまま編集・加工することも可能。回数制限なし。
AIピカソ シンプルで使いやすいAI画像生成アプリ。イメージするキーワード入力してイラスト生成できます。 詳細設定として、イラストのスタイルや画像・手書きの設定が可能。回数制限あり(制限後も広告視聴すれば無料で画像生成可)
Dream by WOMBO 幅広いアートスタイルに対応したAI画像生成アプリ。キーワード、アートスタイル、参照画像を設定し、クオリティの高いアートを生成可能。回数制限なし。英語表示。
LINE LINEで「お絵描きばりぐっどくん」を友だち追加してメッセージを送るだけで画像生成できます。1日の回数制限あり。
ワンダー – AIアートジェネレーター AI画像生成アプリ。キーワード入力でイラスト生成できます。 詳細設定として、イラストのスタイルやアスペクト比、参考画像の設定が可能。イラスト生成には、広告視聴が必要です。1日の回数制限あり。

※Picsart、ワンダー – AIアートジェネレーターは、2023年1月11日に確認した時の情報です。
※AIピカソ、LINE、Dream by WOMBOは2022年10月に確認した時の情報です。

いずれのアプリも無料なので、迷った方はまずは試してみるのもおすすめです。

Picsart

Picsart
「Picsart」アプリ
© 2022 PicsArt, Inc.

Picsart(ピクスアート)は、世界で1.5億人以上が利用する、人気の写真・動画編集アプリです。

切り抜き、ぼかし、分散、色強調、文字入れなどの編集ツールをはじめ、豊富なエフェクト・フィルター、スキントーン、ヘアカラー、輪郭、アイカラー、ホワイトニングなどの顔を加工できるツールなど、さまざまな機能を搭載しています。

AIツールには、今回紹介する「テキスト(キーワード)から画像生成できるツール」や自撮り写真からAIアバターを生成できるツールも用意されています。

<Picsartでキーワードでイラストを生成する方法>

  1. Picsartを開きます。
  2. 【+】をタップします。
  3. 【AI画像】or【テキストから画像生成】をタップします。
  4. 生成したいイラストに関するキーワードを入力します。
  5. イラストのスタイルをプリセットから選択します。
  6. 【Generate image】をタップします。
Picsartでテキストから画像を生成する
  • A(アプリ内に保存):【タグのアイコン】をタップします。(※タグ付けしたイラストは、Picsartのトップで【アカウントアイコン】⇒右上の【タグのアイコン】⇒【すべて保存済み】をタップして閲覧できます)
  • B(編集・加工する):【Edit】をタップすると、編集画面が表示します。編集したイラストは、スマホに保存したり、投稿したりできます。
  • C(他のイラストを見る):【Show more results】をタップすると、さらにイラストが生成されます。
PicsartでAI画像生成後の画面構成

※動作確認環境:Picsartアプリバージョン21.3.14、iPhone 14 Pro(iOS16.2)

AIピカソ

AI Picasso
「AI Picasso – Dream Art Studio」アプリ
© Toshiki Tomihira

AIピカソは、キーワードや画像を設定して画像生成ができるAI画像生成アプリです。

開発者はToshiki Tomihiraさん(@tommy19970714)で、LINE上でメッセージを送信するだけで画像生成できるチャットボット「お絵描きばりぐっどくん」を開発したメンバーと一緒に製作されたアプリです。

本アプリは、回数制限に達した場合でも、広告視聴することで画像生成ができるので、たくさん絵をAIに描いてもらいたい方、遊びたい方にもおすすめです(2022年10月8日確認)。

また、キーワード入力だけで画像生成できますが、あわせて画像設定をすることでよりイメージに近い画像生成を行うことが可能です。手書きの絵を描くこともできるので、イメージする格好などを絵で描けば近いものが生成されやすくなります。

<AIピカソの基本操作>

  1. AIピカソを開きます。
  2. 【Start】をタップします。
  3. 「Enter Text」のフォームにキーワードを入力します。
  4. 必要に応じて【+】から画像を追加します。
  5. 【Create】をタップします。
AIピカソの画像生成方法

※動作確認環境:AI Picassoアプリバージョン1.0.1、iPhone 13 Pro(iOS15.6.1)

Dream by WOMBO

Dream by WOMBO
「Dream by WOMBO」アプリ
© Wombo Studios, Inc

Dream by WOMBO(ドリーム バイ ウォンボ)は、クオリティの高いアートを自動生成できるアプリです。無料で利用可能ですが、有料版の提供もあり。

イメージするキーワードとアートスタイルを選んで、絵画を自動生成することができます。

多くのアートスタイルに対応しており、芸術的なアート・絵画を生成できます。さらに、参照画像を設定すれば、イメージする絵に近づけることができます。

<Dream by WOMBOの基本操作>

  1. Dream by WOMBOを開きます。
  2. 画面下の【+】をタップします。
  3. キーワードを入力し、アートスタイルを選択します。
  4. 必要に応じ「Input image」の項目に画像を設定します。
  5. 【Create】をタップします。
Dream by WOMBOの操作方法

※動作確認環境:Dream by WOMBOアプリバージョン1.92.0、iPhone 13 Pro(iOS15.6)

詳細記事:AIが絵を描いてくれるアプリ「Dream by WOMBO」の使い方!ダウンロードや生成できない時の対処方法

LINE:お絵描きばりぐっどくん

LINEアプリでも、AIによるイラストの自動生成が可能です。

AIチャットボットの「お絵描きばりぐっどくん」を友だち追加するだけで使えるサービスなので、LINEユーザーならすぐに使い始めることができます。

使い方は簡単です。お絵描きばりぐっどくんのトークルームでキーワードを送信するだけで、キーワードに関する絵が同トークルームに送られてきます。

お絵描きばりぐっどくんの回数制限は1日10回。プレミアムメンバー登録で枚数無制限で利用できます。(2022年10月10日時点)

<お絵描きばりぐっどくんの友だち追加と画像生成のやり方>

  1. お絵描きばりぐっどくんのLINEプロフィール」を開きます。
  2. 【追加】をタップします。
  3. 【トーク】をタップします。
    お絵描きばりぐっどくん友だち追加
  4. 利用規約を確認します。
  5. イメージする絵に関するキーワードを入力して送信します。
  6. 絵が送られてきます。
    お絵描きばりぐっどくんにメッセージ送信

※動作確認環境:LINEアプリバージョン12.13.0、iPhone 13 Pro(iOS15.6)

詳細記事:LINE「お絵描きばりぐっどくん」でAIイラスト生成のやり方!使えない原因と対処法

ワンダー – AIアートジェネレーター

ワンダー - AIアートジェネレーター
「ワンダー – AIアートジェネレーター」アプリ
© Codeway 2020

ワンダー – AIアートジェネレーターは、AIによるイラスト生成に特化したアプリです。

イメージするイラストのキーワードを入力して、画像を生成することができます。必要に応じて、イラストのスタイルや画像のアスペクト比、参考にする写真を設定できます。

なお、画像の生成には、広告を視聴する必要があります。1日にイラストを生成できる回数に制限があります。

<ワンダーの基本操作>

  1. ワンダーアプリを開きます。
  2. 入力フォームにイメージするイラストに関するキーワードを入力します。
  3. 必要に応じて、アスペクト比やスタイル、写真を設定します。
  4. 【作成】をタップします。
  5. 広告が流れるので、視聴後に【>】や【×】をタップして閉じます。
  6. イラストが生成されるので、必要な方はダウンロードや共有を行います。
ワンダーでイラストを生成する
  • A(再生成):イラストを再生成できます。
  • B(ダウンロード):イラストをダウンロードできます。
  • C(アニメート):動画を生成してダウンロードできます。
  • D(公開):アプリ上で確認できるマイギャラリーに保存できます。
  • E(共有):SNSでシェアできます。

※Wonderアプリバージョン2.2.3、iPhone 14 Pro(iOS16.2)

詳細記事:ワンダー(AIアートジェネレーター)の使い方!無料版と有料版の違いは?

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。