ヘビーユーザー向け学割を活用して安くできるパターン《機種変更ver》Softbank・au・docomo対応

SoftBank・au・docomo3社共通でできる学割活用で安くできる方法をご紹介します。計算すれば簡単な内容ですのでご参考にして頂ければ幸いです。

※現在利用中のキャリアで機種変更をするものとし、他社へ乗り換えは考えないものとします。

安くできる対象者の条件

  • 2016年の学割を申し込むことができる(25歳以下の方)
  • 現在の契約がデータ容量8GB以上で契約している

※条件などにより例外もあります。

考え方は簡単です

●例えば、現在8GBで契約している場合
《au》の場合
8GB=6700円を5GB=5000円へ変更。学割適用で5GBデータ増量するので10GBが5000円で使えます。
データ容量は10GB使えて、1700円/月安くなる。さらに1年間は1000円割引が付くので2700円安くなる。

●例えば、現在10GBで契約している場合
《SoftBank》の場合
10GB=8000円を5GB=5000円へ変更。学割適用で6GBデータ増量するので11GBが5000円で使えます。
データ容量は1GB増えて3000円/月安くなる

《au》の場合
10GB=8000円を5GB=5000円へ変更。学割適用で5GBデータ増量するので10GBが5000円で使えます。
データ容量は10GB使えて、3000円/月安くなる。さらに1年間は1000円割引が付くので4000円安くなる。

《docomo》の場合
15GB=12500円を10GB=9500円へ変更。学割適用で6GBデータ増量するので16GBが9500円で使えます。
データ容量は1GB増えて3000円/月安くなる。さらに1年間は最大1300円割引が付くので最大4300円安くなる。

まとめ
上記のように現在契約しているデータ定額プランを安いプランに切り替えて学割を活用する事で今と同じデータ量を利用しながら、月額料金を安くできます。

機種変更して学割を申し込もう!

学割のみの申し込みはできないので、機種変更と同時に学割を申し込む必要があります。上記の方法で安くなった金額内で機種変更すれば、実質無料以下で機種変更もできます条件が当てはまる方は、ご活用頂ければと思います。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。