ドコモGW限定でiPhone5s/5cの下取り価格を大幅値上げ

ドコモは、ゴールデンウィーク期間(2016年4月28日から~2016年5月9日)の間、下取りプログラムの価格を増額していることがわかりました。iPhone5sとiPhone5cを対象に期間限定で特別価格での下取りを行っています。期間を設けて、ドコモ版、au版、ソフトバンク版の金額が公式ページで提示されています。

ドコモGW限定でiPhoneの下取り価格を増額

ドコモの下取りプログラムは、以前からauやソフトバンクと比べ、低価格での下取りではありますが、GW限定でauやソフトバンクと同じくらいの金額に設定されています。

ドコモ版iPhoneゴールデンウィーク限定下取り金額

【ドコモ版】
iPhone5s 10000円⇒22000円
iPhone5c 6000円⇒17000円

GW下取au版iPhoneソフトバンク版iPhone

【au版、ソフトバンク版】
iPhone5s 6000円⇒22000円
iPhone5c 3000円⇒17000円

現在でもiPhone5sや5cを使っているユーザーは4インチ(サイズ)に拘っている方も多くいるようなので、iPhone SEへの機種の変更を促すための施策といったところでしょうか。下取りプログラムを活用して、iPhone SEを契約した場合、本体価格から月々サポート、下取り額を差し引いた実質負担額は、プラン次第で実質0円ほどになる。

下取り条件として、正規店での購入、不備・不正や電話機購入代金の未払いがないこと。改造していないこと。アクティベーションロックがかかっていない。リセットできる状態にあることなどが条件にあります。データを消去する必要があるので、必要なデータは、事前にバックアップを必ず行っておきましょう。詳しくはdocomo 下取りプログラムでご確認ください。

最後に

auでは、画面割れや画面破損をしている端末であっても、正常な端末と下取り金額は変わらないがドコモの場合は、下取り価格が半額以下になる。ソフトバンクについては、画面のひびの本数で判定がされる『下取りプログラム』と画面破損、画面割れ、水没もOKの『故障端末買取キャンペーン』を行っている。画面割れがある場合は、auの下取りがお得になっているようです。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。