ソフトバンク「ガラケー通話し放題割」適用時の月額料金を計算

ソフトバンクは、MNPで4G・3Gケータイを24時間国内通話し放題のプランで契約すると基本料金を1000円×3年間割引する「ガラケー通話し放題割」を6月30日より提供開始することを発表しました。このページでは、ガラケー通話し放題割を適用して、対象機種を購入した時の月額料金をご紹介します。

ガラケー通話し放題割について

ガラケー通話し放題割は、国内通話が24時間無料になる「通話定額ライト基本料(ケータイ)」を1000円割引するというもので、通常2200円/月が1000円割引で1200円/月で利用することができます。

5分以内の国内通話が無料になるプラン「通話定額ライト基本料(ケータイ)=1200円」と同額で利用できるお得な割引です。

データ定額Sで申し込みした場合

データSは0円~4200円の料金で利用できるデータ定額サービス。500KBまでは0円、超過後は使用したデータ通信量に応じて料金が加算され、最大4200円で利用できます。2.5GBを超えると速度制限がかかり低速通信になります。

料金内訳
通話定額基本料 2200円
ガラケー通話し放題割 ▲1000円×3年間
ウェブ使用量 300円
データ定額S 0~4200円
合計1500円~5700円/月

1500円~、税込みで1620円~利用することができます。

ソフトバンクオンラインショップ(6月30日確認時点)では「AQUOSケータイ2」「DIGNOケータイ」「かんたん携帯9」「AQUOSケータイ」は実質0円になっています。

本体分割 1320円/月×36回
月月割 ▲1320円/月×36回
実質負担金 0円

以上の実質0円の機種を「ガラケー通話し放題割」を適用して契約した場合は

■分割払い
通話定額基本料 2200円
ガラケー通話し放題割 ▲1000円×3年間
ウェブ使用量 300円
データ定額S 0~4200円
本体分割 1320円/月×36回
月月割 ▲1320円/月×36回
合計1620円~6156円/月(税込み)

本体価格47520円を一括で支払った場合は、3年間月額300円で契約することができます。

ここでは、一番安い基本料金になる「データS」で計算しましたが、データ通信量が多い方は他の定額サービスを契約することをおすすめします。

ソフトバンクオンラインショップ

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。