iPhone7のホームボタンはタッチセンサータイプ、防水性能も?

2016年9月に発売が予想されるiPhone 7ですが、9 to 5 Macが発信する情報によると、iPhone7は、ホームボタンが、タッチセンサータイプ(タップパネル)のホームボタンになり、防水性能が備えられるとのことです。

これまでのiPhoneは、物理的にボタンを押すタイプのホームボタンでしたが、iPhone7ではタッチセンサータイプのホームボタンへ変更されるとのことです。タッチセンサータイプのホームボタンは、現在、MacBookやMacBook Proなどで搭載されている『感圧タッチ (Force Touch) トラックパッド』と同種のパッドが用いられるようです。感圧タッチトラックパッドは、iPhone6sで搭載されている3D Touchのような仕様(感圧タッチパネルとTapTic Engineによるフィードバックを組み合わせ)。強いタッチ、軽いタッチの検出ができる感圧で検出するタイプになるものだと思われます。

iPhone7では、iPhone5のようなブラックと濃い灰色を組み合わせたカラーを検討しているとのこと。

また、防水性能についても噂されており、端末を防水にするためなのか、イヤホンジャックの廃止との情報があります。非物理的なホームボタンにすることが防水に関係するかは明らかではないが、なにか関係があるのかもしれません。

参考元 9 to 5 Mac

 

 

シェアする