ドコモ、スマホ本体の購入方法を見直し、分割支払額の設定が可能に

ドコモは、スマートフォンの購入時の支払い方法を見直しを行うことが産経ニュースの記事を通してわかりました。

スマホ本体の購入方法は、一括払いか分割払いかのどちらかになります。ドコモでは、分割払いの支払総額が機種ごとに固定されており、頭金の設定や値引きができなくなっています。

年内にも、頭金の設定をできるようにし、購入時に一部を支払い残りを分割で支払える仕組みを導入する。例えば、10万円の機種を最初に頭金として、3万円支払い、残り7万円を分割にするという風に、頭金を購入者自身が自由に決めることができる。ほとんどの購入者が分割払いでの購入を選択しています。分割購入をされる方は、一括購入は難しい。でも、毎月の分割代金を少しでも抑えたいという方もいるかと思います。そういった方は、財布と相談して頭金を決められるのは良さそうですね。

また、販売店の裁量で、本体価格の値引きを可能にする。このことで、ドコモ公式のキャンペーンなどの割引とは別に、店舗ごとのキャンペーンなどで、お得に購入できる店舗が出てくるかもしれません。例えば、長期間売れ残っている端末、いわゆる不良在庫などの端末を割引し販売できる。店舗側にとっても、早く売ってしまいたい在庫を割引することで、店舗側は在庫を売ることができ、購入者側は安く購入できるといった風に柔軟な対応ができる。ただし、基本的には、ドコモで決められた固定の販売金額になるものだと思います。

なお、au、ソフトバンクについては、これらの仕組みはすでに導入されている。

参考元 産経ニュース

 

 

シェアする