iPhoneの容量がいっぱいになってしまってデータを減らしたい!
iCloudにデータをバックアップしたいけど容量が多いのでバックアップできない!
などで、iPhoneの空き容量を増やしたいときになにを消しましょうか?
設定→一般→使用状況、ストレージ管理でどのアプリが容量をたくさん使っているかの調べる事ができます。
写真とカメラと言う項目があります!ここで容量をたくさん使っているという方が多いです。
そこで、写真や動画を削除してみても容量の変化がない!!
そこで原因を探ってみました!


原因はこちら!iOS8からの仕様となっております。
写真を削除しても、空き容量が増えていないのは、写真アプリを起動させると、『最近削除した項目』と言う項目があります。こちらの中に、データが残っており、30日間データは保管されます。すぐに削除したい場合は、最近削除した項目の写真を削除する必要があります

最近削除した項目の中にある写真を削除すると完全に消えます。この作業を行うと空き容量が増えているはずです!空き容量が増えない場合は、一度端末を再起動させてから確認してみよう。PCでデータを削除してもゴミ箱に入り、ごみ箱のデータを削除しないと消えないのと同じような感じですね。

 
iOSの関連記事
  • Siriにキーボード入力で質問する方法。声出しなしで文字でお願い【iOS11】
  • iPhoneの充電できない、充電器が反応しない原因と対処方法
  • iPhoneの本体容量不足でお困りの方必見!!外部ストレージで容量不足解消!!
  • iPhoneのモバイルデータ通信を設定変更できないように固定する方法【誤操作防止】
  • iOS10アップデートを失敗する不具合が発生、Wi-Fi経由のアップデートは要注意
  • ヤフオクでiPhoneを買う時の6つの注意点
  • iPhoneの充電の減りが早い!今すべき対策16個のポイント!バッテリーの寿命を長く!
  • ソフトバンクもAPPLE ID支払い方法にキャリア決済対応予定、ドコモ現時点予定なし