ドコモのスマホが高くなる!?本体代金を1~2万円値上げで実質0円販売を撤廃

先日、ドコモが『キャッシュバックの廃止』の発表、続き『実質0円の廃止』もドコモがいち早く行動を見せました。スマホの本体代金を1~2万円値上げするとのこと。現状、時期は明確になっていない。今回の実質0円撤廃やキャッシュバックの廃止をドコモが最初に発表しているが、同じようにau・SoftBankも追従することになるでしょう。

NTTドコモは近く携帯端末を値上げする。スマートフォン(スマホ)の価格を1万~2万円引き上げる。販売店では2年契約を結んだ新規顧客に月々の通信料金を割り引くなどして端末代を「実質ゼロ円」とする販売が常態化している。端末値上げにより携帯大手3社で初めて、実質ゼロ円の販売をやめる。日本経済新聞

1~2万円の値上がりはどのくらいの負担になるのか?

携帯ショップの代理店は、端末を売るとキャリアから販売奨励金を受け取る事ができます。代理店は、この販売奨励金を使って、端末代金の割引やキャッシュバックに当てています。この販売奨励金をドコモは、1~2万円引き下げるようです。そうすることで端末本体代金の値上げになる。1~2万円ということは、本体代金を分割24ヶ月で支払う計算だと月々450円~900円の値上がりとなります。値上げの額は、機種により異なるようです。

端末代金値上げ!!携帯料金は値下げは?

今回、端末価格の値上げと実質0円撤廃でユーザーにとっては、携帯は高くなるように感じる。総務省からの指摘事項のMNP優遇とわかりづらい販売手法『実質0円販売』への対応になる。そして課題であった、長期ユーザー、ライトユーザーの料金の引き下げが行われる。ライトユーザー向けの料金プランは、ソフトバンク発表の『1GBプラン』は4月施行予定となっている。恐らく同じタイミングで、ドコモ・auも4月に施行される可能性が高そうです。残るは、長期ユーザーの料金引き下げです。今後の発表に期待です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。