【タブレット端末の出荷台数調査結果】Apple6年連続、Windows急増、Android好調

MM総研が2015年1月~2015年12月の国内タブレット端末の出荷台数の調査結果を発表しました。総出荷台数は前年比8.4%増の943万台となり、出荷統計開始以来5年連続で増加したようです。

【セルラーモデルとWiFiモデル】
携帯電話キャリアのネットワークを利用する『セルラーモデル』はAndroidが好調。一方、『Wi-Fiモデル』だが、2013年をピークに2年連続の減少となっている。Wi-Fiモデルの不調は、セルラーモデルの好調とMVNOの格安SIMを利用したSIMフリータブレットの販売数の増加によるもの。携帯ショップに行くとタブレットのキャンペーンや機種変更と一緒になど提案されることが多くなってきている。これらのような事で『セルラーモデル』の売り上げが伸びていることが予想されます。

【OS別シェア】
OS別出荷台数シェアはAndroidが2年連続で1位435万台(前年比9.9%増)でシェア46.2%。2位iOSは378万台(0.3%減)で40.1%、3位Windowsは129万台(前年比36.6%増)で13.7%となった。
タブレット出荷台数メーカー別シェア

【メーカー別シェア】
6年連続1位APPLE(378万台/シェア40.1%)、やはりiPadが一番人気だ。日本でタブレット端末が登場した2010年から6年連続となる。2014年(379万台)から1万台と僅かながら台数を落とし、シェアは3.5%減少した。以下、2位 ASUS、3位 Huawei、4 位富士通の順となった。

最後に

スマホとタブレットをセットでデータ容量をシェアことが可能でうまく利用すれば、スマホ単体と比べ、スマホとタブレットをセット契約の方が安くなる、もしくは、同等の金額になるケースもあります。セルラーモデルを契約するなら、今スマホを契約しているキャリアでセット契約にして、安く利用できないか考えてみましょう。

今、注目されているタブレットは、MicrosoftのタブレットPC『Surface(サーフェス)』シリーズだ。上記で紹介したOS別シェアのWindowsの急増は『Surface(サーフェス)』によるものです。タブレットの購入を検討している方は、『Surface(サーフェス)』も考えてみてはいかがでしょうか。

MM総研

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。