ポケモンGO、12月の大型アップデートで第2世代を導入予定か

メタモンの実装がされたばかりだが、今度は大型アップデートが行われるとのうわさが出ている。

この情報は米サイトventurebeatに掲載される内容で、「ナイアンティックはポケモンGOの大型アップデートの配信を行う計画している」とのことです。

アップデートでは、「タマゴ孵化後にたまごっちのようなペット機能」「第2世代(金・銀)などの100種類以上のポケモンの追加」「プレイヤー同士のポケモンバトル」「ポケモントレード機能」が追加されるようです。

新しいポケモンの追加には、第1世代で実装されていない伝説のポケモンフリーザー、サンダー、ファイヤー、ミュウ、ミュウツーなども含まれているようです。以前、イベントで出現させるとの情報もあったため、どのようなかたちで出現するか不明だが、ようやく実装するようです。

7月のリリース後、爆発的な人気を集め、凄まじい数のダウンロードがされたが、今ではポケモンGO離れが進みプレイしている人も大幅に減少している。

この情報が正しいなら、長期休暇シーズンに入るため、多くのユーザーの復帰があるかもしれません。

アプリ配信時も夏休みシーズンということで、多くの学生たちがプレイしていた。冬休みシーズンであれば、同じように学生たちが再びゲームをはじめるかもしれない。

参考元 venturebeat

 

 

シェアする