店頭販売用デザインのLINE Payカードを提供開始、利用開始手続きのやり方、デザイン変更方法

LINEユーザー向けのプリペイドカード「LINE Pay カード」の取り扱いを全国のコンビニやドラッグストア、3万店舗以上で11月22日より順次販売を開始します。

11月22日からファミリーマート、11月29日よりローソンで販売が開始、12月中旬以降から、ミニストップ、スリーエフ、ポプラ、コミュニティストアなどのコンビニ、ツルハグループでの取り扱いが開始します。

店頭取扱記念として、LINE Payカード購入後利用開始手続きをした方に120円分をチャージ。キャンペーン期間は12月31日までとなります。

LINE Payカードは、入会金・年会費無料で作ることができ、カードにチャージした金額内の支払いに使用できるプリペイド式のカード。カードでの支払いごとに2%分(100円ごとに2ポイント)のポイントが付くお得なカード。ネットでの買い物でも利用できます。

LINE Pay カードコンビニデザイン

店頭で販売する「LINE Pay カード」は、店頭販売専用のカードデザインとなっており、1000円~10000円分のチャージして購入できます。利用開始には、LINEアプリにて、利用開始手続きが必要になります。

LINEアプリからの申し込みの場合は、店頭購入とは別のカードデザイン6種類の中から選ぶことができます。

コンビニで購入したLINE Payカードの利用開始手続き手順
①購入したら、同封されているQRコードを読み取ります。
②利用規約を確認して同意する
③パスワードを設定する
④LINE Payカード裏面のセキュリティコード3ケタを入力
⑤以上で完了です。最後に、残高が表示されるので、購入した金額が間違いないか確認しておこう。

既にカードをお持ちで、店頭販売デザインのLINE Payカードに変更する
①同封されているQRコードを読み取ると、カードの変更画面が表示されます。使用したいカードを選択することで、カードを切り替えることができます。残高は、選択したカードに引き継がれます。また、もう一枚のカードは使えなくなります。

LINE公式ブログ LINE Pay カードがコンビニなどの店頭で購入できるようになりました!

 

 

シェアする