Kindle Unlimitedのサービスに講談社や小学館が参加することが判明

Amazonが、海外で導入済みのサービスである定額制電子書籍読み放題サービス『Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)』の日本版で参加する出版社が日本経済新聞の記事を通してわかりました。日本では、8月より提供を開始すると言われています。

国内の定額制読み放題サービスは、雑誌の提供を中心にしている傾向に見られるが、キンドルアンリミテッドでは、書籍やコミックが中心になるようです。月額980円で、当初の作品数は5万から6万作品ほどになりそうです。

日本経済新聞によると、講談社や小学館などの大手出版社の自社作品を提供することがわかりました。書籍やコミックの旧作品を中心に、人気作、新作の提供も行う見通しだという。そのほか、大手では、KADOKAWAが検討中。集英社は、参加を見送るようです。

参加がわかった講談社のマンガ誌と言えば、マガジンですね。進撃の巨人、はじめの一歩、ちはやふる、FAIRY TAIL、甘々と稲妻、おおきく振りかぶって、黒崎くんの言いなりになんてならない、ノラガミ、ダイヤのA、GTO、あひるの空、魔法先生ネギま!、エア・ギア(Air Gear)、レイヴ(RAVE)などが。小学館と言えば、サンデー。名探偵コナン、マギ、銀の匙 Silver Spoon、H2、おやこ刑事、タッチ、最上の命医、ハヤテのごとく!らんま1/2、め組の大吾、銭ゲバ、カムイ外伝、MAJOR(メジャー)など。アニメ化はもちろん、実写映画化、ドラマ化された人気作品がたくさんあります。

※Kindle Unlimitedの対象作品のみ読み放題になります。

日本経済新聞 アマゾンの定額読み放題、講談社・小学館が参加 月額980円

 

 

シェアする