iPhone8、ワイヤレス充電と全画面指紋認証を採用、Lightning端子廃止か

2017年に発売する見込みのiPhone8では、『Lightning端子を廃止、ワイヤレス充電の対応』や『ホームボタンを廃止、ディスプレイでの指紋認証に対応』すると噂されています。

Lightning端子を廃止、ワイヤレス充電対応か
iPhone7ではイヤホンジャックが廃止され、ワイヤレスイヤホンやiPhone7に同梱されているLightningからイヤホンジャック変換アダプタ『Lightning-3.5mmヘッドフォンジャックアダプタ』を使用して、イヤホンを接続することでイヤホンを使用できます。今度はiPhone8で、Lightning端子の廃止を検討しているようです。

iPhone5シリーズよりLightning端子が採用されていましたが、到頭なくなってしまうのでしょうか。Lightning端子を廃止して、ワイヤレス充電に対応すると見られています。

Lightningは、iPhoneへの充電が裏表の向きを気にせず、使い勝手の良い充電端子だが、Lightning端子を廃止して新しい形(ワイヤレス)での充電を採用するとなると同等以上の使いやすさやユーザーが満足するものが必要となります。一般的なワイヤレス充電は、充電台に載せて充電するタイプのものが多いが、仕組み次第では、使い勝手が非常に良くなりそうだ。

ワイヤレス充電が採用されれば、正確な充電ができるようにマグネット式のコネクタが採用されると予想されているとのこと。

全画面指紋認証に対応か
ホームボタンの廃止が噂されているが、ホームボタンを廃止すれば、それに代わるものが必要です。

Appleはディスプレイ上で指紋認証ができる、ある意味『画面全体がホームボタン』になる特許を取得したとのこと。

気になるのは画面全体が指紋認証しては、勝手にロック解除して仕方なさそうだ。これについて、gori.meでは「ソフトウェアで指紋認証ができる箇所を画面上の一部に制限するかもしれない」と予想している。

iPhone2017年モデル(iPhone8)は、初代iPhone発売から10周年となり、メジャーアップデートされるとみられており、以上のような大幅な改良が期待できます。

参考元 gori.me①

 

 

シェアする