iPhone8、ガラスボディとステンレス鋼フレームのプレミアムモデルが存在か

2017年に発売されるiPhoneは、iPhone8になるとみられています。通常であれば、今年発売したiPhone7の次期モデルにあたる2017年は、これまで通りならiPhone7sだが、メジャーアップデートが行われる可能性が高いことからiPhone8になると噂されています。そんなiPhone8のボディ素材について、米サイト9To5Macの記事に掲載されているのでご紹介します。

KGI証券の信頼できるアナリストMing-Chi Kuo氏は、iPhone8(2017年モデル)の前面と背面は、iPhone4、iPhone4sで使用されたようなガラスが採用されると予測しています。

このアイデアは、iPhone7で人気のあるジェットブラックは、その光沢仕上げから非常に高い人気を誇っていることが証明されており、iPhone7の予約でジェットブラックの割合は、世界で30%~35%、中国では、45%~50%もを占めていることによるもの。

iPhone7のジェットブラックでは、擦り傷が入りやすい、目立ちやすいと言われています。素材をガラスにすることで傷を入りにくくすることができます。

前面、背面をガラス、フレームにはステンレス鋼もしくはアルミニウムを使用すると予測している。ステンレス鋼のモデルは、プレミアムモデルとして発売されるようです。

また、ディスプレイサイズは、iPhone7シリーズでは、4.7インチと5.5インチが発売されているが、iPhone8では5.8インチが登場する可能性についても書かれている。

参考元 9to5Mac

 

 

シェアする